日本のispace、初の商用月着陸船発射遅延の準備

1 min read

日本のある宇宙スタートアップは、日曜日に国家や民間企業初の宇宙船を月に発射しようとする目標で3回目が魅力になることを願っています。

ispace IncのHAKUTO-Rミッションは、SpaceX Falcon 9ロケット検査のために2回遅れた後、午前2時38分(日本では午後4時38分、GMT 0738)にフロリダ州ケープ・カナベラルで発射される予定です。 アメリカ、ロシア、中国の国家宇宙局は、過去半世紀の間、地球の最も近い隣人に連着陸を達成したが、どの企業も成功しなかった。

中国の競争が激しくなり、ロシアのウクライナ侵攻でロシアロケットに乗ることができなくなった状況では、ミッションの成功は日本とアメリカの間の宇宙協力のマイルストーンになります。 億万長者の有沙前沢が早ければ、来年にSpaceXの月探査に参加することを希望する8人の乗組員を金曜日に公開した後、それはまた日本のための空間でいっぱいの数日を終えるでしょう。

HAKUTOという名前は、月に住む人という西洋の考えとは異なり、日本の民俗で月に住む白いウサギを意味します。 このプロジェクトは、商業ベンチャーに復活する前に、Google Lunar XPRIZEのファイナリストでした。 来年はアジアのカレンダーでウサギの年です。 ドイツで組み立てられた宇宙船は4月末に月に着陸すると予想されます。

同社は、これが政府および商業用ペイロードの多くの出荷の最初のものであることを願っています。 ispace宇宙船は、アトラスクレーターに触れる前に、小さなNASA衛星を月の軌道に乗せて水の堆積物を見つけることを目的としています。 M1着陸船は日本JAXA宇宙局の2輪野球ボールサイズ装置とアラブ首長国連邦が作った4輪ラシード探査船など2台のロボット探査船を配置する予定だ。 また、NGK Spark Plug Co.で作られた実験用全固体電池を搭載する予定です。

民間資金を支援するispaceは、2025年から月にペイロードを輸送するためにNASAと契約を結び、2040年までに従業員が常駐する月コロニーの建設を目指しています。

(このストーリーはDevdiscourseの従業員によって編集されておらず、シンジケートされたフィードから自動的に生成されます。)

READ  Google Pixel Watchプロトタイプがレストランで見つかったことがわかりました。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours