日本のKFCで食べるアメリカ人の経験談

1 min read

私は日本のアメリカのファーストフードチェーン店を訪れ、彼らが世界の反対側で何を提供しているのかを知るのが大好きです。
ニッケルティリ

  • 私は日本に住むアメリカ人で、日本のケンタッキーフライドチキン店を訪れました。
  • 日本のKFCにはユニークなメニューアイテムとクラシックなメニューがありました。 私は特にチョコパイが好きでした。
  • ツイスター(チキンラップ)も印象的で、限定版のフライドチキンも美味しく食べました。

日本に居住するアメリカ人として、私はアメリカ所有のファーストフードチェーン店の日本支店を訪れるのが好きです。

私の家族は2022年にノースカロライナから日本の沖縄に引っ越しました。 時には地球の反対側に進出した米国チェーン店を訪れると、故郷が思い出すこともあります。 さらに、ここの場所は通常他の製品を提供します。

時には品質が良い場合もあります。 私の好きなものの1つはマクドナルドです(私の経験についてはここを読んでください)。 アメリカより日本が良いと思います。

最近、日本のケンタッキーフライドチキン(KFC)を訪問しました。 ここはとても人気があり、 日本はKFCの世界最大の市場の一つです。アメリカと中国のすぐ下にあります。

アメリカ人として日本でKFCを食べた感じは次のとおりです。

ここKFC店にはクラシックメニューアイテムと限定版メニューアイテム、そして日本でしか見つからないアイテムがあります。

ケンタッキーフライドチキンは日本で人気があります。
ニッケルティリ

日本全域に1,200を超えるKFC店があり、その店舗は私がアメリカで行った店舗とかなり似ているようです。

日本のマクドナルドやスターバックスのように、KFCもほぼ毎月期間限定の新しいメニュー項目を提供します。 これらの食べ物や飲み物は、しばしば桜の季節や秋の秋夕などの主要な地域のイベントやお祝いのテーマに従います。

アメリカのチェーン店がこのような特別発売をもっと頻繁にしてほしいです。

私たちは、骨のないニンニク醤油チキンとカリカリのストリップから始めました。

私たちはニンニクチキンとカリカリのストリップが好きでした。
ニッケルティリ

限定版純殺ニンニク醤油チキンはサクサクした表側に若干のニンニクとゴマが入っています。

味付けがたっぷり入っており、パン粉はサクサクで、鶏肉はジューシーで豊富でした。 私の家族はそれが好きでした。

私たちはカリカリのチキンストリップを添えた骨のない鶏肉を食べました。 鶏肉はジューシーで豊富で、パン粉は軽くてサクサク、サクサクしました。

私たちもサイドでビスケットを食べました。

ビスケットは私がアメリカで食べたものとは異なりました。
ニッケルティリ

日本のKFCは様々なおかずのオプションを提供しています。 カリカリのストリップに加えて、ビスケット、ナゲット、フライドポテト、キャベツサラダ、チョコパイを選択できます。

アメリカで最も人気のあるサイドメニューであるマックアンドチーズとマッシュポテトは注文できませんでした。

私が受け取ったビスケットは、ドーナツの形でアメリカで食べたビスケットに比べて少し甘い感じでした。 味が良く、蜂蜜 – メープルシロップパックが付属しています。

また、キャベツサラダを試してみました。

Koulsloは日本のKFCのサイドオプションの1つです。
ニッケルティリ

コーラルスローでもかなり大丈夫でした。 アメリカで一般的に食べたものよりも細かく切りましたが、気分の良い味は消えませんでした。

私たちが試した最後のサイドはチョコパイでした。

チョコパイはおいしかったです。
ニッケルティリ

チョコパイが限定版かどうかはよくわかりませんが、本当に美味しく食べました。 このように甘いおやつをサイドメニューで食べることができて楽しかったです。

ココアクラストはカリカリでカリカリで、中は粘着性があり、チョコレートの味がいっぱいでした。

KFC行くたびにぜひ注文してみたいと思います。

もちろん、私たちはその有名なフライドチキンを食べました。

私たちのチキンバケツはとてもサクッと見えました。
ニッケルティリ

注文をして約30分ほど待ってチキンハンボウルが出ました。

それが一般的なのか、あらかじめ用意したのが全部離れているのかは分からないけど、ポカポカで新鮮に出てよかったです。

私は骨のないチキンが好きな方なのに骨のあるフライドチキンを楽しんで食べました。 パン粉はアメリカで食べたものより少し軽くてカリカリ感が少なかったが、肉自体はジューシーで豊かで柔らかかった。

なぜ日本の人気の伝統がクリスマスに楽しむために大きなバケツのフライドチキンをあらかじめ注文するのか分かります。

最後にツイスターを試してみました。

KFCメニューからツイスター2個を注文しました。
ニッケルティリ

KFCメニューにはいくつかのツイスターがありましたが、実際にはチキンラップに過ぎませんでした。 トルティーヤの中にカリカリのチキンストリップ、チーズ、レタス、ソースが入っています。

ツイスター 以前はアメリカで利用可能でした しかし、過去10年間、この名前でメニューに出たことがありません。 今、彼らはただのパッケージです。

私が訪問中に使用できるソースは、ペッパーマヨネーズ、照り焼きソース、バジルレモンの3つでした。

コショウマヨネーズツイスターは私のお気に入りのメニューでした。

ツイスターはかなり美味しかったです。
ニッケルティリ

私は2つのソースオプションを注文しました。 トマトベースのサルサであるペッパーマヨネーズと柑橘系の香りが加味されたガリックハーブソースのバジルレモンです。

バジレモンも独特の香りがして美味しかったです。 ハーブとバジルの香りが強かったけどレモンと一緒に食べるのでちょうど良かったです。

その中で私のお気に入りのメニューは唐辛子マヨネーズでしたが、スパイシーさと甘さが絶妙に調和しました。

全体的に、日本のKFCは確かにヒット作でした。

KFCがなぜ日本で人気があるのか​​分かります。
ニッケルティリ

おいしい食事をしたら、日本でKFCがなぜそれほど大きな人気を享受するのかがわかります。

米国が所有する他のファーストフード店と同様に、日本支店の食べ物もアメリカの食べ物よりも味が少し新鮮で加工が少ないことがわかりました。

私はクリスマスにフライドチキンのバケツを注文するのを楽しみにしています。 それまでは、次にKFCが食べたいときにチョコパイとチキンツイスターを選ぶ様子が見られそうです。

READ  日本で最も裕福な人々(2023年6月23日)
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours