技術

日本のKioxia、以前Toshiba Memory、9月にIPOの目標 – レポート

TOKYO(Reuters) – 世界で二番目に大きいフラッシュメモリチップのメーカーであり、以前にToshiba Memoryとして知られている、日本のKioxia Holdings Corpは早ければ9月に株式公開を計画している週刊誌のダイヤモンドが木曜日に報道した。

Kioxiaは昨年、中国と米国の間の貿易摩擦が深刻化する中で、2020年に日本最大のIPOとなった最大3,343億円(30億ドル)の株式を提供する計画を保留した。

この報告書は、消息筋を引用し、東京株式市場は、7月に承認を下すものと予想している。

木曜日Kioxiaスポークスマンは、同社が「適切な時期にIPOを目指している」と述べたが、これ以上言及しなかった。

メディア報道は、以前にMicron Technology IncとWestern Digital Corpのようなライバルの関心を引用しました。

Kioxiaは、金融危機によりToshiba Corpが事業の大半の株式を売却することを余儀なくされた後、プライベートエクイティ会社Bain Capitalが管理しています。

コーポレートガバナンスのスキャンダルに巻き込まれた日本の大企業は、現在40.6%の株式を保有している。 東芝株は午前半ばの取引で0.4%上昇した4,860円を記録した。

($ 1 = 111.0700円)

Sam Nusseyの報告; 脚本:安藤律子; Jacqueline WongとJane Wardell編集

READ  Alinityは温水浴槽ストリームとTwitchの反応に反応します。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close