技術

日本のNTT、インドのデータセンター事業のためにTokyo Centuryと提携

プネ: NTTは、インドでのデータセンター事業のために、東京センチュリーと協力することを日本の通信技術会社が水曜日発表した。

NTT Global Data Centers Holding AsiaはNTT Global Data Centers Holding Asia BOM8(SPV)の株式の75%をTokyo Centuryに売却し、現在のNTT Global Data Centers Holding BOM8 Pvt。 Ltd(BOM8)はSPVの100%子会社です。 これにより、NTTは投資効率を改善し、データセンターのNTTのフルスタックサービスを拡大して、データセンタービジネスを展開することができます。

このモデルを使っ東京センチュリーは堅実なビジネスポートフォリオを構築し、成長の可能性が高いグローバルビジネスを拡大するための社会的問題の解決に貢献する金融サービスを提供すると同社はプレスリリースで述べている。

データセンターの需要は世界的に増加し続けると予想されNTTは投資効率を最大化し、データセンタービジネスの投資を加速することを目指しています。 Tokyo CenturyはNTTのデータセンター事業の最初の共同投資家になることです。

インドのデータセンター市場は5G通信技術の導入と国家の電子商取引市場の成長のために急速に成長すると予想されます。

READ  「M1ベースのMacでArmのバージョンのWindows 10は、動作可能である。すべてのマイクロソフトように "アップル幹部が言う - Engadget日本版

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close