トップニュース

日本のNTTとSKY Perfect JSAT、宇宙でのデータセンターの開発

東京-NTTは、宇宙からのデータを処理して保存することができる衛星システムを開発するとNikkeiは学びました。

NTTは、プロジェクトの開発のために、衛星運用の専門知識を持つ、日本のSKY Perfect JSAT Holdingsと協力する予定である。 NTTは早ければ2022年に試験を開始することを目指しています。 両社は、すべて2025年に衛星を打ち上げて2026年までに実用化することを希望します。

現在、衛星から受信したデータは、データセンターで分析するために地球に再送信する必要があります。 これは、データトラフィックを防ぎ、データセンターが膨大な量の電気を吸い込むことを意味します。

NTTのシステムがそれを変更します。 この会社は、各衛星にデータを処理することができるコンピューティング機能を備えることを目的とします。 衛星ネットワークは、医師のデータセンターの役割をするために、光通信で接続されます。

NTTの衛星は、洋上風力タービンおよび自動化車両の運営、大規模な農場の収穫、山岳地域の物流などの地球で、幅広いデータを収集します。 これらのデータを処理し、分析した後、衛星は、関連情報だけ地球に送り返します。

これにより、宇宙と地球との間の大容量データ交換を減らし、データ転送プロセスを加速することができます。 たとえば、衛星が撮影した航空写真は、現在の日がかかりますが、数時間以内に受信機に送信することができます。

新しいシステムは、NTTが開発した「IOWN」光通信技術を使用します。 これにより、データの通信がより速くなり、消費電力が現在の100分の1に減少します。 NTTは、データ処理に使用される電気は、太陽の光で出てくるので脱炭消化も助けになると思います。

データ保存に関連して、宇宙インフラストラクチャは、地震のような自然災害の危険性がないため、有望なものとみなされます。 SKY Perfectは、日本で最初に衛星通信を開始した民間企業です。 両社は、将来的に数百個の衛星を運営することを希望します。

宇宙通信サービス環境は、競争力がある。 7月に Amazon.com 米国連邦通信委員会が事業に参加することを承認したと発表しました。 Amazonは3000以上の衛星を配置するために100億ドルを投資する計画です。

議論の余地がある起業家イーロン・マスクが率いる米国スタートアップスペースXも12,000個の衛星を発射する予定です。 Morgan Stanleyは、宇宙事業の市場規模が2016年から2040年までの3倍の120兆円と予想されます。

READ  日本でCOVID-19の予防接種後じんましん、冷えて

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close