経済

日本のPersol、シンガポールHRスタートアップに2250万ドルの投資を主導

シンガポールに拠点を置くオンライン採用スタートアップであるGlintsは火曜日に東京に上場されている人材派遣会社であるPersol Holdingsが率いる投資家グループから2250万ドルを調達したと発表した。

GlintsはCOVID-19の発症後、リモート勤務の需要が増加するにつれて、国境を越える採用サービスを拡大する予定です。

日本最大の一時的人材派遣会社の一つであるPersol Holdingsは、引数を使用して、アジア全域に拡大しています。 PersolはGlintsの技術と結合された強力な企業ネットワークが東南アジアの人材危機を解決するのに役立つことができると言いました。

オズワルドて(Oswald Yeo)が、米国の学部時代2013年に共同で設立した文リンツは、東南アジアの労働力の不足を解決するためにキャリア開発サービスを提供しています。 求職ポータル加えて、この会社は、オンライン就職フォーラムとコーディング過程を運営しています。

伝染病が進行される間、Glintsは在宅勤務者の需要が増加して、地域全体で採用を開始しました。 会社は、一般的に他の国からの人材を雇うために現地法人を設立しているがGlints(インドネシア、ベトナムなどの市場の150万人の求職者やオフィスのデータベース)が代わりに採用を開始しました。

結果的に、国境を越える採用はGlintsの急成長するビジネスがしました。 女教授は「東南アジアで仕事人材の将来は現地採用だけでなく、リモートの採用もある信じているので、今、私たちが集中している部分である。

Glintsの主な収益源は、会社がGlints採用担当者が求職者を推薦するようにするためのコストで来ている。 Glintsによると、Glintsの「技術サポート」の採用担当者を使用することにより、企業は、平均28日以内に成功した採用を行うことができます。 Glintsによると、既存の採用担当者を使用するよりも、40〜50%、より高速です。 同社はまた、多くのライバルよりも低コストを請求します。

「私たちは、多くの伝統的な募集代理店がMercedesとBMWと似ていると思います。彼らは本当に高く、すべての会社が余裕があるわけではない。 [them]ヨ氏はインタビューで、「文リンツは非常に安価で信頼性の高い人材業界のために、トヨタのような製品を作ろうと努力している」と述べた。

専門家のためのソーシャルネットワーキングサイトであるLinkedInは、7月プラットフォームのリモート求人が2020年3月に比べて約3倍に増加したと発表した。

READ  日本のUnicharm、中国での後退後、インドとアフリカへの切り替え

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close