技術

日本のPM候補岸田の最優先課題は、中国の対応

菅義偉(菅義偉)首相の後を継ぐ岸田文雄(岸田文雄)首相は、日経とのインタビューで、外交と経済分野での中国の積極的な行動に「深い警告」を表明した。

岸田首相は「自由、民主主義、法治、人権などの基本的な価値を保護するために、米国、欧州、インド、オーストラリアなどと同じ価値を共有する国々と一緒に権威主義体制と戦うだろう」と述べた。 最近のインタビューで。

前自民党政策室長は、菅が辞任を発表する前日の木曜日日経に語った。 彼は今月自民党の大統領選挙予備選挙で有力な4人の候補の一人である。

岸田の安全保障と外交政策についての議論は、菅の前任者安倍晋三の外相として4年半以上の経験を反映した。

彼の議題は、経済的に安定である。 米国と中国が技術優位を競う中で、日本、米国、台湾、韓国は半導体のような戦略的に重要な製品のサプライチェーンを確保するために協力している。

岸田首相は「経済的国政」という概念を引用し、「単純な武力ではなく、様々な視点から国家安全保障を考えなければならない」と主張した。

彼は「経済を中心に国の地政学的利益を保護する」と述べた。

防御で岸こと差し迫った攻撃を防ぐために、敵のミサイル基地を攻撃することができる能力の必要性を強調しました。 彼は、「ミサイル防衛システムが1次攻撃をブロックしても敵の基地を攻撃することができる能力があれば、2次またはそれ以上の射撃が加わると人命を保護することができる」と述べた。

彼は「ミサイル技術が急速に発展しているだけに、国民の生命と生活を守ってくれる現実に即した徹底した議論をしたい」と語った。

安倍首相は、2020年末までに、これらの攻撃能力を備えることにしたが、シュガーが議論を先送りした。

政府はこれまで、日本の平和憲法上、他の選択肢がない場合は、そのような攻撃を可能にするという立場をとったが、憲法学者の間では、これが憲章に記載され、日本の防衛のみ安保政策から抜け出すこと根深い見方がある。 第9条

Kishidaの経済計画は、日本が主要な経済大国に成長するのに役立ちれた1960年の「所得倍計画」の現代版を中心にします。

彼は「コロナ19により不平等がさらに拡大した」とし「経済が成長するにつれて、不平等に関心を傾けて呼ぶ分配しなければならない」と述べた。

岸こと “会社で株主が成長のすべての実を持って行くのですか?」と尋ねた。 「利害関係者資本主義の支持者が主張するように、それらは適切に分配する必要があります。 ” 彼は「労働者の所得と補償を高めることが最優先課題でなければならない」と付け加えた。

家族の教育費負担を指摘しKishidaは、卒業後の所得ベースローンの返済とオーストラリアの高等教育に貢献制度のようなシステムを導入することを要求しました。

岸田首相は、2050年までに菅政府の温室効果ガスの純排出量ゼロを達成という目標を「維持」することを主張した。 このため、彼は原発建設、拡張、または交換するかどうかを「現実的に評価しなければならない」と主張した。 。

彼は「これは、私たちの政治的責任をテストするだろう」と述べた。

岸田議員はまた、3年連続1年の任期で党の最高職位を制限しようという提案について言及し、「私たちが実行しなければならない大きな問題だ」と言いました。

彼は「党代表もすでに任期がある」と述べた。 「約束と関連して、新鮮な空気を循環させるシステムとルールを維持することが重要です。」

Kishidaは若く著名な党員を積極的にノックしてやるは自分の意図を強調しました。 彼は「自民党が自らを更新することができ、若者のエネルギーがいる政党であることを示したい」と述べた。

READ  Nintendo、Switchハッキングに著作権侵害でBowser告訴

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close