経済

日本のQueen Rougeはブドウに、より甘く贅沢なひねりを提供します。

長野、日本の – 長野県で栽培された新しい種なしブドウが今年、日本のプレミアム農産物クラブに参加しており、待望Queen Rougeの出荷が9月末に本格的に開始しました。

畑で栽培したクイーンルージュブドウ約850kgが先週の月曜日中野市の倉庫を出発した。 貨物は東京、名古屋、大阪に向かいました。

地域農業協同組合の営業者であるNaoto Takedaは、「私たちは長い間、プレミアム赤い皮が付いているブドウ品種を研究してきたため、誰もが食べることができると思います。」と言います。

視線をひきつける赤い皮膚と初段味が特徴であるQueen Rougeは、人気のシャインマスカットとユニコーンの交配種です。 開発者は、おいしく食べやすいぶどうを作り始めました。 糖度20%以上で柔らかい皮とアサクハン食感を誇っています。

「私はこの品種をブドウ系の女王にしたい」と長野知事阿部修一(Shuichi Abe)は言う。

生産者は、ブランドを保護するために、最高のQueen Rougeブドウのみが市場に投入されるようにしたい。 特定のサイズと糖度の葡萄のみ正式名称を使用することができます。 長野県以外の農場では、苗木を販売していません。

JAグループ農業集団の県知事であるJA Zennoh NaganoはShine Muscatと、より暗い色のNagano Purpleのような他の地域の高度な品種とQueen Rougeを販売する予定です。 1つのオプションは、ギフトのバスケットで一緒に販売することです。

左からクイーンルージュ、シャインマスカット、長野パープルは、長野県で栽培されている高級ブドウ品種3種です。 (写真:畠山周平)

Queen Rougeの輸出の可能性への期待が高い。 栽培は、苗木が海外に出て行くのを防ぐために最大限の注意を払っています。 香港、台湾、シンガポール、韓国のブランドは、外国で育った模倣犯と戦うことを目指します。

長野県の多くの農場は、高価格と簡単な成長のおかげで、すでにクイーンルージュを受け入れた。

須坂市の農場運営者は、「シャインマスカットを育てるように育てることができます。」と言います。 Queen Rougeは今そこで栽培されているすべてのブドウの10分の1を占めています。

今年の会計年度には約30トンのQueen Rougeが出荷される予定である。 長野県は、2022年の300トン、2030年に3000トンに出荷を増やし長野パープルに次ぐことを目指している。 アイデアは、Queen Rougeがほとんど陳列されたことのない料理ではなく、大型小売店で広く入手可能なアクセス可能な贅沢になるのです。

長野は2019年、日本の47県で2番目に大きなワインカントリーで307億円(現在の為替レートで2億7,500万ドル)を栽培しました。 シャインマスカットの栽培が急増し、5年ぶりに2倍以上増えた数値だ。

長野は2019年に山梨県より約50億円遅れました。 Queen Rougeは県の輸出を大幅に増加させ、長野のブドウの評判を確固たるものにすることができます。

READ  中国政府は、TikTok米国事業を売却していないキャッチかもしれない| TechCrunch Japan

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close