トップニュース

日本のRenesas、火に破損チップ工場で生産再開

東京:日本のルネサスエレクトロニクスは、土曜日(4月17日)の火災で破損されたチップ工場で生産を再開して、自動車、スマートフォン、家電製品に使用される半導体のグローバル不足を悪化させた。

スポークスマンによると、工場は、元の予想よりも二日早い現地時間で午前9時に操作を再開した。

日本の東北部の工場は3月19日機械のいずれかの電力急増火災が発生しました。

自動車に使用されるマイクロコントローラチップの世界市場シェアのほぼ3分の1を占めるルネサスは先月23台の機械が破損している交換または修理が必要だと述べた。

RenesasのHidetoshi Shibata社長は、以前に工場の生産が一ヶ月以内に再開されますが、火災前の水準に回復するために、最大120日かかるだろうと言いました。 Shibataは月曜日に工場の状態を更新するために記者会見を行う予定です。

READ  「ポートナイト」エピクガIT業界の巨人・アップルに「勝つ」と言う二つの事情(1/2) | AERA dot(アエラ点)

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close