トップニュース

日本のSMFG、ベトナム最大の非銀行金融機関の株式9億2000万ドルの買収

住友三井フィナンシャルグループがベトナム最大非銀行金融機関の株式49%を買収すると日経は水曜日に発表した。

三井住友は早ければ10月にFEクレジット1,000億円(9億2000万ドル)以上を投資して持分法会社になります。

今後の引数は、ベトナムの消費者金融市場が強力かつ持続的な経済成長に基づいて急速に拡大されることによって発生します。 Sumitomo Mitsuiはデジタル化と顧客管理の専門知識を活用して、アジアでのビジネスを拡大することを目指しています。

2015年に設立され、ホーチミン市に本社を置くFE CreditはVP Bankの子会社非銀行金融機関です。 その事業は、消費者ローン、クレジットカードやバイクローンにわたっています。

FE信用は、ベトナムの消費者ローン市場の50%以上を制御します。

昨年FEクレジットは、スマートフォンアプリベースのバンキングサービスを開始し、預金事業を開始した。 12月に終了した会計年度に営業利益は約7億7000万ドル、純利益は約1億2千8百万ドルであった。

規制審査を経て、10月にSumitomo Mitsui Financial Groupの系列会社であるSMBC Consumer FinanceはVP BankからFE Credit株式49%を買収する予定です。 総投資額は1000億円以上で、日本の銀行がベトナムの金融機関に投資した最大規模だ。

世界銀行によると、ベトナムの消費者ローン市場は年間30%以上成長している。 一方、FE Creditの営業収益は、毎年二桁の速度で増加した。

香港、インドネシア、カンボジアの金融機関にも投資したSumitomo MitsuiはFE Creditの融資専門知識を活用して、この地域での事業をさらに拡大する予定です。

READ  日本を旅行する最も大きな新しい理由は、巨大なロボットです

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close