技術

日本のSoftBank、アフリカが空を介してインターネットへのアクセスを拡大するようにサポート

日本の巨大技術企業SoftBankは、主にアフリカ諸国の同盟であるSmart Africa事務局と連携して、大陸の疎外された地域にインターネットアクセスを拡散するために、非地上波接続を使用します。

それほど スマートアフリカのアライアンス アフリカデジタル議題を実行する任務を引き受けた32のアフリカ諸国、国際機関やグローバル民間部門のプレーヤーとの間のパートナーシップです。

グループは、 スマートアフリカの宣言 情報通信技術(ICT)の使用とブロードバンドサービスのためのよりよいアクセスを介して、アフリカの発展を加速するために設定された。

全世界的に、アフリカは、第二の、多くの人々が居住しかし、インターネット接続の数が最も少なくなります。 GSMAによると、2019年末現在、大陸のモバイルインターネット採択率は26%に過ぎなかった。 レポート

アクセスとネットワークカバレッジを地域の多くの部分に拡張することは、政府と民間部門の両方に継続して重要な課題です。

Smart Africaは、インターネットの普及率を2025年までに51%まで倍増することを目標にして、大量の容量を購入するプロジェクトを実装するために努力しています。 スマートアフリカの加盟国の大規模な共同購入を通じて、アフリカ市民に安価なインターネット接続を提供することを目的とする投資計画です。

アフリカの5カ国がこのプロジェクトに関心を表明したことが分かった。 ここには、ジブチ、エジプト、ケニア、モロッコとルワンダが含まれます。

この投資を通じてSmart Africaは、衛星および高さの通信のために、既存のいくつかのアプローチを組み合わせてブロードバンドアクセスを拡大することができます。 これSoftBankが入ってくる場所です。

最近発表された 協定 両当事者は、Softbankがインターネットのコストを削減し、安価なインターネットインフラを構築するために、主にアフリカで最も遠い地域に非地上波ネットワーク(NTN)ソリューションを展開する計画を明らかにした。

これまで、アフリカでのブロードバンドに使用される主なチャンネルは、光ファイバネットワーク、衛星接続であり両方のコストと時間がかかりました。 現在のサービスが不足している地域の代替として接続するためのHAPS(高高度プラットフォームステーション)への関心が高まっています。

HAPSは、ブロードバンド接続を提供するために、一般的な衛星より地上からはるかに低い成層圏に打ち上げされます。 これはNTNのタイプで、非地上波飛行物体を含むすべてのネットワークの包括的な用語です。 また、衛星通信ネットワーク、空対地ネットワーク、ドローン(無人航空機システム)などで構成されます。

SoftBankは、アフリカのプロジェクトでNTNソリューションを提供するいくつかの企業の接続サービスを利用することです。

宇宙と成層圏での接続を提供する、地球ベースのインフラストラクチャに関連する技術的な問題を処理する必要がないという利点があります。 例えばHAPSは起伏の多い地形、サービスが不足している地域や人口が少ない地域がある人里離れた地域に配置することができます。

ただし、プロジェクトを安価に行うことができるかどうかは、高価な特性のため、別の問題です。 SoftBankがSmart Africa加盟国とパートナーの寄付で、いくつかの資金を支援する可能性があるが、声明にどのように資金を調達するかについては言及されていません。

最近同じようなインターネットアクセスの取り組みが経済的に実行可能なビジネスモデルを見つけることができないという理由で失敗したため、資金調達の問題は、特に重要です。

Googleの親会社であるアルファベットは、今年ケニアで始まったインターネットビーム風船を使用して、アフリカの人里離れた地域でブロードバンド接続を深めるするLoonを選んだ。

この記事を読んで楽しんでますか? これを作成してください サーベイ。 有用であると思われるコンテンツを紹介するために役立つフィードバックが必要です。

READ  ランダム:廊下でスイッチOLEDを演奏する男がソーシャルメディアオタクを運転している

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close