日本のSpace One Kairosロケットが初飛行後わずか数秒で爆発した。

Estimated read time 1 min read

民間企業であるSpace Oneが衛星を軌道に乗せる日本初の会社になりようと努力するにつれて、日本の固体燃料ロケットが最初の発射にほんの数秒で爆発し、日本の宇宙探求に大きな挫折をもたらしました。

59フィートの高さの宇宙船カイロスが水曜日の午前11時1分に日本西部紀伊半島山間地域から離陸しました。

カイロスが発射台を離れて5秒後、ロケット中央部で大きな爆発が起こり、空いていた宇宙船は炎と煙を吹き出した。

日本スペースワンのカイロスロケットが2024年3月13日初任務中に発射されてから数秒で爆発しました。 ロイター経由

Kairos、つまりKiiベースのAdvanced&Instant Rocket Systemは、偵察衛星が軌道を離れたときに一時的に交換する実験的な政府衛星を搭載していました。

スペースワンは発射後「飛行を終了」し、飛行データを調査中だと明らかにした。

爆発による残骸は、最終的に下の山と海に落ちた。

岸本修平和歌山地方政府知事は、管理者からブリーフィングを受けた後、問題が自律飛行終了システムを誘発したと述べた。

キシモトは飛行終了システムが活性化する問題を明確に明らかにしなかった。

カイロスは、飛行シャットダウンシステムを含む高度に自動化されるように設計および製造されています。

近くの発射管理センターに従業員を配置するには、約12人の従業員が必要でした。

発射現場付近では人命被害は報告されておらず、爆発により発生した火災は現在鎮圧された。

スペースワンは土曜日に発射を計画したが、船が近くの制限海域に入った後、延期した。 ゲッティ画像によるAFPTV/AFP
Space Oneは、打ち上げは高度に自動化されており、地上管制センターに約12人の従業員が必要だと述べました。 AP

Space Oneは、2018年のCanon Electronics、エンジニアリング企業IHI、国家支援日本開発銀行など、複数の企業の統合を通じて作成されました。

同社は、お客様のビジネスを宇宙に進めるために、「簡単で手頃な価格の」宇宙発射プロバイダーとして設立されました。 ウェブサイトによると。

同社の使命宣言には、「専用の発射台や発射場を通じて衛星を軌道に進入させるコストを最小限に抑え、宇宙事業をさらに拡大するのに役立ちます」と書かれています。

スペースワンは、日本西部の紀伊半島山端で発射された後、飛行が「中断」され、状況を調査していると明らかにしました。 AP
ロケットの爆発シーンは水曜日和歌山県九重市山の後、展望台で捉えられた。 AP

ロケットは3段階の固体燃料エンジンと液体燃料ポストブースト段階エンジンで構成され、最大250kgの搭載量を低地球軌道まで運搬しようとします。

当初の発射は去る土曜日に予定されたが、船舶が近くの海上制限区域に進入するため水曜日に延期された。

Spaceport Kiiは、大阪から南東に約136マイル離れた和歌山県釧本に位置しています。

Space Oneの厳格な低コスト計画には、「最短発射作業」と「世界最高発射頻度(年間20回以上)」が含まれます。

2024年3月13日の離陸失敗後、発射現場で煙が咲いている。 AP
視聴者たちが2024年3月13日、紀伊半島の終わりにあるスペースワン発射台で演技が咲くのを見守っている。 ロイター経由

Space OneはKairosの打ち上げコストを公開していませんが、会社役員のKozo Abeはそれがアメリカの競合他社であるRocket Labと比較して「十分に競争力がある」と述べました。

Rocket Labは2017年から1飛行あたり約700万ドルをかけ、ニュージーランドで40以上の電子小型ロケットを発射しました。

水曜日の爆発は、日本の比較的若い宇宙の野望を悩ませる最も最近の事故です。

去る7月日本航空宇宙探査局(JAXA)のエプシロンSエンジンが2段階エンジンテストに突入してから1分で爆発した。

JAXAの中型H-3ロケットは、3月の最初の飛行で、2段階エンジンが計画通りに点火されず、自爆するように命じられました。

H-3は2030年までに20個の衛星と探査船を宇宙に送る予定だ。

宇宙局は1月13日の月に最初の月探査船を着陸させるなど勝利を収めましたが、着陸後にひっくり返して接続を再確立するのに1ヶ月以上かかりました。

月探査用スマート着陸船(SLIM)が1月13日、月面に着陸し、日本は月探査船を送った5番目の国家となった。

ポストワイヤー付き。

READ  病院は、サイバー攻撃の被害規模について「知らない」状態です。 回復は数ヶ月かかることがあります
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours