エンターテインメント

日本のTechnoPro、インドのRobosoft 1億800万ドルで買収 – TechCrunch

インドに拠点を置くデジタルソリューションメーカーであるRobosoft Technologiesは、火曜日に、日本のITサービス会社TechnoProに1億800万ドルに事業を売却することで最終合意したと発表した。

1996年に設立された、 ロボソフト Technologiesは、Macのプラットフォームを専門とするソフトウェアサービス会社に旅を開始した後アプリの開発をサービスとして提供しています。

Robosoftは、AppleによってMac OSの開発者として認証された世界初の企業の一つであり、その後の数十年の間にiPhoneのメーカーから複数回認められています。

「私たちは、iPhoneとApp Storeの生態系のリリースで、モバイルが大きくなるということを知っていました。 私たちは、世界中の顧客のためのモバイルアプリを構築し始めた後ろを振り返ることでした。」と同社はウェブサイトで説明します。

Ascent CapitalとKalaari Capitalを投資家に含まれているRobosoftは、ゲーム、ニュース、スポーツ、ユーティリティ、およびライフスタイルを含むいくつかのカテゴリで活動する顧客を引き付けるために、製品の諮問とデザイン、エンジニアリング、分析用のツールを含むように製品を拡張しました。

たとえば、インドのニュースネットワークNDTVの元アプリはRobosoftで開発した。 他の顧客には、メディア大手ViacomとMcDonald’s Indiaがあります。 米国と中東にも、クライアントがあります。

ロボソフトは2017年から「デジタルソリューション」企業としての地位を確立するために努力してきました。

火曜日声明でRobosoftは、現在の経営陣が会社を継続導くと言いました。 「Robosoftは、過去20年の間に驚異的な旅行をし、この期間中に飛躍的に成長しました。 Ascent CapitalとKalaari Capitalとのパートナーシップは、私たちの強力な成長の時代を予告しTechnoProのようなグローバルプレーヤーに会社の手綱を渡すことができ、非常に嬉しく思います。」とRobosoftの創設者兼マネージングディレクターであるRohith Bhatが言いました。

東京証券取引所に上場されたTechnoProの社長兼代表取締役兼CEOのTakeshi Yagiは「私たちは、会社の次の成長段階でRobosoftと緊密な協力を期待してTechnoProとRobosoft間途方もないシナジー効果を期待します。

READ  進歩とより多くの希望

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close