日本のThree Star Road旅行ガイド、美しい海から山への道

1 min read
松本黒城、日本
写真: Karen Gardiner
写真: Karen Gardiner

3月のある朝、日本の稲荷で、私は樟腦の匂いとチュルの着実なタップとカチカチの音に沿って小さな村の数十の木工職場の一つに入った。 作業台で頭を上げようとした老人が頭をうなずいて見守るように勧めた。 彼は体を曲げる ランマ伝統的に寺院や住宅で使用される洗練された彫刻が施された木製のパネルで、稲荷が生産することで有名です。

日本中部豊島県の八乙女山麓に位置する稲荷は、木で彫られたようです。 店の看板、彫像、バス停、そして私の地図によると、木猫30匹など、あちこちに彫刻があります。 ここの木彫り家は、有名な彫刻家前川三四郎が1750年頃に到着し、燃えたズイセンジ寺院を再建するのを助けた後に伝わってきた技術を使います。 最近、訪問者は直接手で彫刻することができます。 木彫りからそれで私は私の手で作った、認めたら不均一な酒杯の誇り高い所有者になりました。 「世界にこんなグラスはたった一つだけです」 私の師匠のエミホンダが寛大に言った。

現在、伊波で働いている木彫りは150人を超えています。 人口が8,000人に過ぎませんが、印象的ですが減少している数字です。 長年の見習い期間が必要で、たくさんのお金を稼ぐことができるかどうかは不明であるため、稲波や他の場所で木工が急成長する職業ではないことは驚くべきことではありません。 しかし、稲荷に来て技術を完成するホンダのような若い彫刻は、この地域の保存に専念しています。 最近、日本の大都市に疲れた新しい移住者のおかげで、長い間空いていた数十の住宅も同様です。 古い家を買うなら、熟練した職人たちがいる町で暮らす方が良いでしょう。 そして ベッドとクラフト6世紀の建物6棟に分散したホテルで、すべて地元職人が改装し、職人との特別な「見習い」体験を提供します。

私の考えでは、その概念は正しく行われた観光です。 職人に所得を提供する相互価値のある経験です。 旅行者には日本の他の地域でインフラを緊張させ、地域住民の忍耐を限界まで追い込んだ一撃必殺の観光スタイルとは距離が遠い独特で没入的な経験を提供します。

三菱海道の美しさとはこんなものだな。 スリースターロード稲荷はお互いにやりがいのある場所のひとつに過ぎず、少ない通路です。

スリースターロードスリースターロード
写真: Karen Gardiner

3城路

私は金沢と松本の間のThree Star Roadを歩いている間、伊波にいました。 これは車で行うことができ、バス路線を組み合わせることができるロードトリップです(私がしたように)。 そして決定的に、それは国の観光スポットを迂回します。

過去10年間、絶え間なく増加する数の流入観光客とCOVID以来、旅行の急増や円安のため、日本では過剰観光への懸念が提起され、最終的に富士山のインスタグラムに優しい見通しを遮断する障壁が建設されました。 観光客を制限する法律 京都祇園地区の一部から。 問題は必ずしも観光客数ではなく集中度です。 ほとんどは、東京から京都と大阪への古典的な旅程であるゴールデンルートから離れていません。 日本海と日本アルプスの間の4つの県を通るThree Star Roadは、あまり一般的な道を離れていなくても、あまり歩くことを約束します。 厳格な旅というよりは、提案に近いし、食べ物、歴史や屋外の冒険など、興味に合わせて調整することができます。 長い孤立がこの道に沿って伝わる伝統を保存するのに役立ったことを知り、私は芸術と工芸の遺産に従うことにしました。

金沢、日本金沢、日本
写真: Karen Gardiner

金沢

私は石川県の首都であり、東京から新幹線(高速列車)で2時間30分で到着できる金沢で旅行を始めました。 ユネスコ工芸と民俗芸術都市であり、様々な工芸の発祥の地である金沢は、長年にわたり文化遺産を保存するために努力してきました。 イチゴイチエ このプログラムは、スタジオ訪問と地元の職人との体験活動を手配します。 私は5日間街の芸術に夢中になりました。 昔の醤油工場でガラスの飾りを作ることから、けんごくまがデザインした博物館で陶器を作る家の11代目の主人と一緒にお茶を飲むことまで。 その間、私は京都の辛い気温とは対照的に静かで足音が聞こえるほどだった、3つの芸者地区のひとつである和江町を含め、都会のよく保存された江戸時代の町を探検しました。 私は大町市場で新鮮なシーフードを食べました、そして伝統的な( 浅田屋 旅館)と現代式(at ハイアットセントリック金沢)。

いなみ, 日本いなみ, 日本
写真: Karen Gardiner

稲荷から白川郷へ

金沢から伊波までバスに乗って行きましたが、同じ3日間の合算旅行でした。 南東金沢と世界遺産のバスパス高岡山と錦倉村へと続いています。 近くの白川郷と共に、高山は独特の斜面屋根の茅葺き家として知られるユネスコ指定を受けました。 グッドショーズクリ(祈る手) 屋根が祈る手に似ていて、建物を大雪から守るデザインです。 深い目に包まれ、山々に囲まれた家は時間が止まったように見えますが、テキサス出身のガイドであるグラントロイドがこの文化的なタイムカプセルを保存する作業を説明しながら魔法がやや壊れていました。 15〜20年ごとに行われる屋根の交換には、山から葦を収穫する必要があります。 彼は長い間木をベヌラ「腕が壊れた」と私の経験談を聞いた。 「そしてそれは半分に過ぎません。それでは、実際にそのものを交換する必要があります。」

労働と時間のかかる保存は、主に地域社会に依存しています。 何百年もの間、村人たちは精神に応じて屋根を再び乗せるために一緒に働きました。 ゆい (相互サポート). 20世紀の人口減少により、仕事をする人が減り、伝統が消える危険がありました。 しかし、ユネスコ認定と文化観光でこのユニークな風景を保護することがより重要になり、現在は地域および国家政府の支援を受けています。

道を進むもう一つのバスが私を岐阜県に連れて行ったし、白川郷は相倉のより大きなバージョンのように見える鹿刀造りの住宅がある町ですが、観光客数は何倍も多いです。 観光は風景を保存するのに必要な収入と伝統を生かそうとするインセンティブを提供することでこの小さな田舎の町に役立ったが、住民より毎日訪問客が3倍以上目立つように多くの白川郷は観光のために扶養されるより負担がより大きくなったように感じました。 しかし、村の宿泊施設の1つで夜を過ごした場合は、ツアーバスが到着する前にそこが幸せに空いているのを見ました。 それにもかかわらず、私は草の家で寝るのではなく、大きな露天風呂に身を浸すことで満足していました。 オニャドユイノショー 数マイル離れたところ。

日本奥飛騨日本奥飛騨
写真: Karen Gardiner

飛騨高山~奥飛騨

岐阜北部の森に囲まれた飛騨高山は木工でも有名です。 それで、この都市は過去帝国の首都に税金を払うのではなく、歴史的に最高の職人を派遣して国と京都の神社と寺院をたくさん建てました。 これらの木工技術の典型は非常に装飾されています ヤタイ 高山まつり期間中、街の狭い通りを行進するお祭りワゴン。

私は4月と10月に2日にわたって開催される祭りに出席するには数週間も早く行きました。 しかし、何十万人もの訪問者が訪れる祭りなので、私は代わりに群衆がいない場所で近くに展示された4つのヤタイを見物することになって嬉しかったです。高山まつりワゴン展示館。 何世紀にもわたってこのワゴンはそびえ立っており、華やかな彫刻、金属細工、シルク、ブロケードで飾られた華やかな作品でした。 しかし、私の目を引いたのは、それぞれのラッカー処理された床でした。 これは主に光沢のある食器や装飾品を作るために使用される400年の地元のラッカーウェア技術である飛騨俊慶の例です。

を通じて 高山体験日本文化への訪問者の理解を深めることに重点を置いた地元旅行会社で、私は信幸熊崎の居心地の良い職場を訪れました。 今日、高山で働く登録された漆器職人6人のうちの1人である熊崎は70代ですが、「若者の一人」と言います。 熊崎は木目の自然な美しさを際立たせるために透明塗りを繰り返し塗る非常に遅い工程を見せました。 熊崎は飛騨俊慶が需要が多かった時にキャリアを始めました。 最近の人々は、製造に6〜8ヶ月かかる伝統工芸品よりも大量生産されたプラスチックを好む傾向があります。 それでも熊崎は、忠実な顧客の注文や職場で直接体験するために訪れる観光客が作った完成品を包み、郵便で送ることで忙しく過ごします。 彼は注文を終えるために急いだと言った。 彼は地域社会でもう一つの重要なこと、つまり祭りを組織することをしているからです。

その後、私は何百年も完璧に保存された商人の邸宅が並ぶ狭い山町地区を歩きました。 酒醸造所に立ち寄りましたが、テルテールのおかげで発見されました。 杉田 (杉の木のボール)がドアの上にかかっていましたが、滞在する時間があまりありませんでした。 私は奥飛騨に向かうより深い山のバスに乗らなければなりませんでした。

雪に覆われたアルプスに向かって絶えず上り坂を登った後、バスは私を降りました。 湯本草子 奥飛騨渓谷の奥にある5つの温泉街のひとつである福地温泉の伝統旅館。 他の人が旅館に滞在している場合、私はそれらを見ることができませんでした。 私は4つの異なる温泉を一人で楽しんだし、数分の距離にある川に沿って5つの屋外浴場があり、開いたストーブで焼いた口から溶ける飛騨牛肉を含むいくつかの料理が出る専用レストランがありました。

松本美術館、日本松本美術館、日本
写真: Karen Gardiner

松本

Three Star Roadは長野県松本で終わります(または選択した方向で始まります)。 松本の誇りは、日本で数少ない破壊の三つの設計者、つまり明治維新、自然災害、戦争で生き残った黒い城です。 私は近くの中町地区を歩き回り、リサイクルされた格子スクリーンを歩き回りました。 クラ

(伝統的な倉庫)工芸品店やギャラリーを収容します。 松本は驚くべき方法で魅力を発揮しました。 地元民俗工芸品の絵で飾られた多彩なマンホールのふたで、 テーマ (絹の糸で織られたボール)、そして赤い水玉模様で覆われた小さなダウンタウンバスは、1929年そこに生まれたこの街の最も有名な娘、弥生くさまに対する敬意の印です。 自家製醸造所、単一の原産地のコーヒーショップ、白い峰が背景である松本は、大都市というよりは西部の山岳村のように感じられ、アルプスを歩き回るのと東京にすばやく帰る電車の間の良い橋でした。 道の終わりだったけど、まだ平凡な道から十分に外れていた。

もっとThrillistが欲しいですか? 私たちをフォローしてください インスタグラムTikのトークTwitterFacebookピンタレストそして YouTube

カレンガーディナー 旅行、文化、持続可能性の交差点について書くフリーランサーです。

READ  日本、フィリピン、アメリカ、「危険な」南シナ海対策について中国を非難政治ニュース
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours