日本のTopixにはより広い範囲の企業が含まれていますが、その数は減ります。

1 min read

東京証券取引所は、投資可能な指標としての魅力を高めるために、日本のベンチマークTopix指数に含まれる株式の範囲を拡大するとともに、その数を減らす予定です。

TSEの運営会社であるJapan Exchange Groupは、水曜日の声明を通じて、標準およびスタートアップ成長市場に上場している企業が含まれると見なされ、2026年10月に最初のレビューが行われると述べた。 現在、大型株プライム市場に属する種目のみが含まれています。

JPXの山地博美CEOは同日、東京で開かれたブリーフィングで「2028年にはゲージに含まれる企業数が約1,200社に減るだろう」と述べた。 Topix指数には現在2,000を超える株式が含まれています。

声明によると、流動性にさらに重点を置いて取引可能株式時価総額が100億円未満の企業に対する段階的重みの縮小が進行中です。

都市田雅之楽天経済研究所選任市場アナリストは「構成種目数が依然として多いように見えるかもしれませんが、これらを積極的に入れ替えれば、残っている企業と指数に対する信頼度が確実に高まるだろう」と話しました。 「その影響は肯定的なようです。」

Japan Exchange Groupは、外国人投資家に株式の魅力と理解を高めるために市場を再構築し、2022年4月現在のセクション(プライム、標準、成長)を導入しました。

リストラ当時、現在のプライムマーケットである1セクションにあった企業は、標準または成長市場の上場を選択しても現在Topixに残ります。

READ  日本国会開会式。 高騰水辺、旧統一教の注目
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours