トップニュース

日本のU-24の敗北ジャマイカ、オリンピック代表コール前の最後の試合

24歳以下の日本は土曜日、ジャマイカのシニアチームを相手に4-0の勝利を収めており、今月末予想される18人の代表チームの発表を控えて東京オリンピック希望の最後の試合だった。

武フサ久保の32分のオープナは3人のディフェンダーとゴールキーパーが日本中部愛知県の豊田スタジアムで記憶に残るゴールを記録する前に、右からカットインをする20歳のゴールキーパーだった。

2021年6月12日、日本中部愛知県豊田スタジアムで行われた、ジャマイカとの親善試合で、日本の24歳以下の久保武フサ(L)が銃を撃つ。 (教徒)

「私たちができることは準備することです。それ以上は何もありません。」とプレーメーカーはCOVID-19大流行の真ん中東京オリンピックの舞台が質問に囲まれてと言いました。 「私たちの使命は、彼らが行われる場合に備えていることです。」

U-24は、ジャマイカのシニアチームに向かっていたが、全体の試合で単発を許可せず、もう一方の端から17個のコショウを打ちました。

Kaoru MitomaはPKを拒絶し、Daizen MaedaとReo Hatateはすべての領域内で止められKuboは20分にボックスの端からの強力な力でニア正立を打ちました。

渉遠藤とリッツ絵柄は久保が、最終的に、ホームチームのネット裏を発見する前に、ジャマイカのゴールキーパー・ディランバーンズからセーブを余儀なくされた。 驚くべき努力は水休憩直後に到着しました。

「休憩時間に(広樹)堺に準備をするように言われましたので、チームとしてうまく機能しました。」とKuboは言いました。 「私はDoanと走っまたMitomaがJリーグでプレー姿を見たので、彼らの試合(ミッドフィールドの攻撃から)に適応する方法を探していました。 “

堺とマヤ吉田と一緒に三人のオーバーエイジの選手の一人遠藤は42分に20メートルの外遠い隅に身をながら第二を加えた。

渉遠藤(R 2位)が2021年6月12日、日本中部愛知県豊田スタジアムで行われたジャマイカ全体代表との国際サッカー親善試合前半で日本の24歳以下のチームの2点目を記録した。 (教徒)==教徒

前半途中出場の上田綾瀬は休憩06分後バー絞り57分にフォワードがチームの3点目を愉快なチップに記録した米トマの略奪と完全に加重されたスルーボールを記録しました。

選手のゆき相馬(Yuki Soma)は64分に絵柄の4番目のゴールキーパーを設定する前に、ゴールキーパーを丸めし、三好浩二はベンチから出て、ジャマイカの選手であるゼアディーンホワイトを防いでゴールキーパーがラインを超えないように止めた後、5点を記録したことになります。

勝利は一週間前、ガーナU-24を相手に6-0の勝利を収めた後、出ており、強力な外出のためにチームの発表を控えて多くの悩みをすることができる森安肇監督がままになります。

日本は7月22日、東京オリンピックの開幕戦で南アフリカと対戦期の7月のウォームアップで、ホンジュラス、スペインと対決する予定である。 日本はA組で、メキシコとフランスとの対決する予定である。


関連報道:

サッカー:伊藤純也、ストイコビッチのセルビア1-0勝利

サッカー:なでしこジャパン、オリンピックのウォームアップで、ウクライナ8-0勝利

サッカー:南野、日本、タジキスタンを破ったときに、ホンダの得点記録タイ


READ  座間9人殺害事件初公判被告人が殺害を認め、弁護士は同意を主張 - NHK NEWS WEB

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close