経済

日本のUnicharm、中国での後退後、インドとアフリカへの切り替え

日本のパーソナルケアグループユニ・チャームは、国内企業との競争が激しくなる、中国の生産設備を国内消費の安定した成長が期待されるインドとアフリカに移転することで、発展途上国の戦略の焦点を転換する予定である。

同社は今年、インドやアフリカで赤ちゃんのおむつの生産能力を高めるために、500億円(4億7300万ドル)の投資予算を支出して、この地域での足場を強化しています。

「私たちは、 [at least] できるだけ早く新興国市場シェアの3分の1を占めています。」とUnicharm CEO Takahisa Takaharaは月曜日の記者会見で、アフリカ、インド、南米でおむつを戦略的に優先的に促進する計画を発表しました。

Unicharmは1人当たりの国内総生産(GDP)が3000ドルを超えるとおむつの需要が増加し始めると思います。 インド、ガーナ、ナイジェリアのような有望な市場で2019年を基準に約2,200ドルで上昇した有望市場の生産能力を向上させる予定です。

インドでUnicharmはProcter&Gambleのように、すでに約40%の市場シェアを占めています。 この会社は、現地生産能力の拡大と並行して、消費者行動の変化に対応して、オンライン販売を増やす計画です。

Unicharmはまた、2014年自社工場で生産を開始したブラジルでのおむつの販売を増やすことを希望します。

このような動きは、近年後退している中国に焦点を合わせる会社の過去の新興市場戦略の主要な変化を示します。

英国調査会社ユーロモニター・インターナショナルによると、2019年の中国のおむつ市場は88億ドルで、10年前より3倍増加した。 現在、中国には、現地企業の市場参入により、1000個以上の生産者がいます。

日本のメーカーが生産したおむつは、品質が良く、着心地が良いと考えられてい需要が多かったです。 しかし、ここ数年の間に、現地のメーカーは、吸収性やその他の特性を増加させ、製品を改善しました。

ユニ・チャームは、2012年11%から2019年に中国のおむつ市場で7%のシェアを記録した。 会社は安で投資回収に失敗した後、2019年に中国の工場での資産の損傷の損失119億円を記録しました。 MamyPokoブランドで中低価格のおむつ販売。

日本のライバルKaoが作ったMerriesブランドのおむつの市場シェアも2017年ごろから下落した。

中国ではおむつの60〜70%がオンラインで販売されます。 日本のメーカーは、この分野で、P&Gのような競合他社よりも遅れています。 また、豊富な中国の消費者の需要の増加にもかかわらず、高度なおむつを発売するために遅れた。

新興市場での売上増大のためにUnicharmは東南アジアで育成した製品開発とマーケティング関連のノウハウを移転することです。 例えば、2020年にはデング熱が問題になるマレーシアとシンガポールで蚊を退治することができるおむつをリリースしました。

インドネシアはまた、現地のニーズに合ったUnicharm製品開発の成功事例を示します。 全国に広まっている小さな好きエンパプ食料品店は、地元の消費者にショッピングを非常に便利に作っている会社が個別包装されたおむつの販売を開始しました。 製品の成功は、Unicharmが50%の市場シェアを得るように助けた。

Unicharmの仲間であるDaio Paperは、トルコおよびその他の国でのおむつの事業を展開しています。 この会社は、新興市場での地位を強化するために、2020年にトルコとブラジルの現地おむつメーカーを買収しました。 トルコでは、中東およびアフリカの市場を開拓する計画です。

ダイオードは、おむつの販売を通じてブランドの認知度を上げると、新興市場での衛生用品やその他の製品の販売を拡大することができるものと期待している。

READ  watchOS 7.2配布開始します。今回も、日本での心電図のアプリケーション対応は保留 - Engadget日本版

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close