経済

日本は、ほぼ10年間、経済データを誇張したと認めた。 ビジネスと経済

日本政府が建設業者から数年間受け取った建設受注データを過大評価したと水曜日、首相岸田文夫(Fumio Kishida)が語った。

政府がデータを書き換える慣行を始めた理由は明らかではなかった。 アナリストは、特に関連建設会社が小規模企業である可能性が高いため、どの影響も最小化すると予想したが、国内総生産(GDP)の数値がどのような影響を受けたのかは不明です。

岸田さんは「そんなことが起きて残念だ。 政府は、このようなことが再び発生しないように、どのような措置を取るべきかをできるだけ早く検討する」と述べた。

彼は、朝日新聞が国土交通部が2013年から年間約10,000件の項目速度で約12,000の選別された企業から受け取ったデータを「再作成」したと報じた後、議会セッションでこのようなコメントを行いました。

岸田は2020年1月以降、数値が「改善」され、2020年と2021会計年度の国内総生産(GDP)データに直接的な影響はないと述べました。

過去のGDP数値への影響はわずかかもしれませんが、今回の暴露は世界3位の経済規模の傾向を理解し、予測しようとする経済学者や投資家に基礎となるデータの信頼性に対する疑問が提起される可能性があります。

また、2018年の保健省データの欠陥を含め、政府データに関する問題が提起されたのは今回が初めてではありません。

「最も大きな問題は、GDP自体への影響ではなく、国家の信頼性への損傷です。 [official] 統計」とミズホリサーチ&テクノロジーズのチーフエコノミストである堺泰介は言った。

堺は「この種の問題が政府省庁全体で発生する可能性があることを疑うことはできない」と述べた。

「薄くて薄い」

この調査は、2020年度に約80兆円(7000億ドル)に達する公共および民間建設受注を集計し、GDP計算に使用されるデータの一つです。

調査のために、省庁は地方盗聴を通じて建設会社から月間受注データを収集します。

朝日新聞は、データ提出が遅れた企業は、しばしば数ヶ月値の数値を一度に送っていたと伝えた。 そのような場合、教育省は、地方当局に結合された月の命令を最新の単一月の数値に書き換えるように指示します。

三井住友DSアセットマネジメントのシニアエコノミストである秋吉拓森氏は、「全GDPデータは大きく変わらない」と述べた。

日本には数十万の建設会社があるという点を勘案すれば、その割合が非常に低い」と話した。

「彼らはどれほど影響力がありますか? 遅れて数字を発表するそのような混乱した会社は、おそらく大きな会社ではないでしょう。

執権連合の後輩パートナーである共明党の斎藤哲夫国土賞は、議会でこのような慣行を確認しながら「非常に残念」と話した。

この問題に対する質問に政府の上級報道官は、国土部が「できるだけ早く」慣行につながった原因を分析するよう指示を受けたとだけ話した。

松野広和官房長官は、記者会見で、過去のGDP数値、政府の月間経済報告書、その他のデータを修正すべきかどうかを尋ねる質問に「優先調査結果を待つ」と述べた。

法に違反できるデータの書き換えは今年3月まで続いたと朝日新聞は伝えた。

READ  世界最大の年金基金は25%の投資収益率を記録しながら、1年に3,390億ドルを稼ぎました。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close