トップニュース

日本は、より強力な危機評価システムが必要になります

過去10年の間に、日本は、2011年3月の地震と津波による福島第1号発電所の原発災害とCOVID-19大流行という二つの主要な国の危機に直面していました。

しかし、国は、いくつかの理由は、過去から学び、将来の危機に備えるための教訓を活用することが難しいことがわかりました。 行政の変化、危機の担当者が退職したり、他の部署に移っています。 行政改編による管轄権。

日本が将来の困難にも備えるためには、政策決定の改革努力のフィードバックループに空白が生じないように、過去の危機を評価する必要があります。

東京に拠点を置く独立グローバルシンクタンクであるアジア太平洋イニシアチブ(API)は、国の危機に対する政府の対応を検討して、2012年に原子力災害の独立した委員会を構成し、昨年COVID-19対応を調査する委員会を構成しました。

APIはまた、福島の災害後の10年の間に日本が学んだ内容を調査するための委員会を開始し、その結果をもとに報告書を発表しました。

これらの評価は、政府が国家の危機にどのように備えて対処したのかを明らかにすることができるという点で意味があり、これにより、学んだ課題と教訓を総合して、今後より良い行政管理につながるベストプラクティスの実践的な提案をすることができます。 てきた。 事故の場合の評価を介して学習した後、再発を防止することが目標です。

しかし、国の危機を見ながら、私たちは過去から学んだ教訓を活用することが困難であることに気づいた。

採用されていない提案

1999年茨城県東海で発生した核危機事故の後、2人が死亡し、数百人が放射線にさらされた後、公共部門と民間部門の原子力災害の専門家が、原子力発電所を保有している国を訪問し、災害リスク管理のための一連の提案を発表しました。 部門で。

以後調査団の公務員は、「提案が活用された場合、福島原発事故は非常に異なる方法で発展したものだ」と伝えた。

2009 H1N1インフルエンザの流行以来、厚生労働省は今後発生する可能性のある新型と再発伝染病に備えるための措置を勧告するために、政府の対応を検討するために、パネルを構成しました。

パネルは、公衆衛生センターの労働者数を増やし、人的資源を育成して、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)テストを含むテスト機能を強化するような推奨事項を収集しました。

10年後のパネルの主要メンバーが再び集まり、伝染病の後続措置を取って以来、何があったのか調査しました。 しかし、それらの多くの提案は採用されていないまま残されて政府の政策立案者や大衆に伝達されていない。

日本は過去の伝染病で得た教訓を活用していなかった伝染病の危機に対する十分な準備なしでCOVID-19発症に直面していました。

歴史的に、日本は良い学習でした。 この国は、1868年明治維新以後、西側諸国の知識を熱烈吸収しました。

第二次世界大戦後、多くの日本企業が米国での品質管理の研究に使用された概念であるPDCA(plan-do-check-action)サイクルを採用しました。

Toyota Motor Corp.の kaizen (改善)活動は、製品の品質と生産性を向上させる方法として、全世界に広がっています。 Kaizenはまだ進化しており、日本の国際協力機構(JICA)は、アフリカの国でモデルを広く普及しています。

しかし、日本は、国家の危機の学習能力をよく適用できなかった。

民間部門の役割

第二次世界大戦後幣原喜重郎首相政権は太平洋戦争の原因を調査するために、戦争の調査委員会を発足したが、連合軍GHQの反対解散しました。

吉田茂首相政権下で1931年満州事件以後、日本の外交ミスの機密報告書が作成されたが、外交部はこの50年以上機密保持している。

その中に、民間部門の学者たちは、日本の戦争のパスを確認するために重要な役割をしました。 政府は、それ自体で危機を振り返ることがほとんどありません。

官僚と組織文化は、日本が過去の事件を綿密に調査し、そこから教訓を得るために、弱い要因の一つです。

日本の行政システムの問題点は、ほとんど認められないエラーにつながるムオソン概念、責任のゲームをする省庁、リスクを回避しようとする傾向があるなどである。

Gakushuin Universityの経済学教授であるWataru Suzukiは2018年、日本の保健経済と政策ジャーナルに次のように書いている。「政策評価は、政府の管理者に非常に敏感なテーマであることを知っている。 官僚はどのように多くのミスを犯したのかに基づいて評価される生涯雇用の世界に住んでいます。 これは、低評価が全体のキャリアパスに影響を与える可能性があることを意味します。 “

したがって、彼らは可能な限り政策評価を避けたいし、そのような評価が行われても、結果はとんでもない傾向があり、言い訳の余地がある」と述べた。

国会でさえも、行政システムを監視する役割が主に政治家と官僚が関連スキャンダルに集中しているので、政府の政策を評価するために十分にしようとしました。

2011年に設立された議会の福島原発事故独立調査委員会(NAIIC)は、憲法史上初めて国会の傘下に国家の危機を調査するために創設された委員会がしました。

与党と野党の共同提案により、委員会創設が行われたことも注目に値する。

しかしその後、危機対応の評価を介して政権を監視する国会の機能が改善されたとは言い難い。

独立した調査

ジョー・バイデン米大統領の政権はドナルド・トランプ治下の前政権の措置を解放政策を樹立し始めました。

新政府のCOVID-19対応とおたふく比のための国家戦略で「検討」という用語は、37回も使用されます。

バイデンは、トランプ政権の政策を批判的に検討した後、新たな政策を相次いで発表している。

これらの検討と新たな政策の設計は、以前の管理期間中のシンクタンクでスキルを磨くした政策実務者が実行します。

日本は、米国のように、政治指導者の変化とともに、政府全体が変化する国ではなく、公職に飛び込んだ人がほとんどいない。 公務員が公務員と民間の雇用の間を行き来する「回転ドア」は、日本では珍しい。

米国と比較すると、日本の行政システムは、連続性と制度的記憶を維持することになります。 しかし、それにもかかわらず、国の危機に立ち向かわなければならする、日本政府機関と官僚は行政の変化、人事の転換と退職のために頻繁に変化して蓄積された知識と準備の連続性が不足します。

そのような状況では、日本が過去の危機から学び、来るべき危機に備えるため、単にそれらを批判するのは、米国よりも意味がないだろう。

そのため、特に日本では実際には、データと証拠に基づいて危機を批判的に検討して教訓を体系化する必要があります。

そして、これは民間部門シンクタンクが役割をすることができる場所です。 彼らは政治、公共、民間および学界の様々な専門家で構成された調査チームを構成し、担当職員を直接対面して危機を調査し、事件から教訓を得て、政府が将来の危機に備えるようにすることができます。

APIは真実、独立して、人間性をモットーに事実に基づいて問題を批判的に検討し、そのレビューに基づいて提案をします。

シンクタンクは、直接関与し、人々の言葉を注意深く聞き、誰がいいか、または悪かったのかを判断する代わりに、人々の観点から真実を閉じて、可能な限り多くの多角的な事実に基づいて学ぶことができる教訓を識別することを大切にしてします。

危機管理担当者は、危機の特性を把握するために必死に努力しています。 彼らは問題に対抗戦うために命をかけた。

しかし、危機は、常に形が変わって、見る角度によって全く異なって見えます。

シンクタンクは、首相室や最前線の人々が危機をどのように見たのか明確に明らかにして、関係者だけでなく、彼らが知った事実を大衆に知らせる任務を担っています。

シンクタンクは業務にいくら献身であっても直接関連する人々から、必ず協力を得ることはできません。 政府のCOVID-19対応を調査したAPIチームに関しては、多くの政府の管理が匿名を要求したが、今後の危機の経験を後任者に伝達するためのダイアログを提案した。

過去から学ぶことは困難である。 そのため、過去の危機を評価すること、すなわち、将来の出来事に備えるための教訓を得ることが不可欠である。

このフィードバックループは、危機を検討する人が真実を確認し事実を蓄積し、公務員と信頼関係を構築するために真剣に努力のみ可能です。

これらのフィードバックループは、簡単にブロックされることがありますので、個人の独立シンクタンクの評価は、過去の危機から学んだ教訓の連続性を維持するために努力することができます。

福島崩壊直後、国会、政府、民間部門は、それぞれの検討を行いました。 10年後、APIは、再び評価をして、新しいレポートを発表しました。

伝染病に関連して、政府は、H1N1インフルエンザの流行が発生した直後と、10年後に評価した。 評価を通じて得られた教訓は、まだ実現されていなかったが、政府は、少なくともこの問題を再検討したことについて、高いスコアが必要です。

私たちは、国会と政府が危機を見直しして10年が経過すると再検討することをルールとすることを提案します。 APIは、そのような評価の努力を続けることです。

Yoshiyuki Sagara、Jun MukoyamaとNarumi Shibataは、アジア太平洋イニシアチブの研究者です。 APIで提供されるAPI Geoeconomic BriefingはCOVID-19以来、世界の地政学的および経済動向を見てみるシリーズでは、特に技術と技術革新、グローバルサプライチェーン、国際ルールの制定や気候変動に焦点を当てる。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  阪神陽川「ステルスドール」マークが後無人ルー牽制 - プロ野球:日刊スポーツ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close