経済

日本は、デフレを終息させる「一生に一度」機会があるとBOJシニア関係者が語った。

最近、中央銀行を離れた日本銀行(BOJ)理事によると、日本はデフレとの戦争を終わらせるためにグローバルインフレ圧力で「一生に一度だけの機会」をつかむために、より果敢な通貨および財政浮揚策が必要だと述べた。

BoJは、近年、中央銀行が増加する食品や商品の価格を抑えるために金利を引き上げるために競争するにつれて、超緩和通貨政策を再評価するための市場圧力を受けています。 日本の金利が依然としてマイナス0.1%の状態で、今年初めのグローバル収益率の差で、円は米ドルに対して24年ぶりに最低値を記録しました。

しかし、先月、BoJ理事会を去り、PwC Consultingの日本の上級エコノミストに任命された積極的なインフレ主義者、Goushi Kataokaは、2%のインフレ目標を達成し維持しようとする中央銀行の努力を弱めることを試みると、アジア経済に深刻な結果をもたらすだろう警告しました。 最大の先進経済。

1990年に日本の泡経済が崩壊した後、日本は低成長と物価渋滞または下落の悪循環に陥り、継続的な需要不足につながりました。

円の下落と原油価格の急騰により、最近日本のインフレが2.5%まで上昇しました。 しかし、ボラティリティの高い商品価格を除いて、基本インフレは依然として弱く、物価上昇から賃金引き上げにつながる道はありません。

KataokaはBoJ理事会を去った後の最初のインタビューで、「日本は政府と日本の銀行が財政と通貨の扶養を拡大するために大胆な措置を講じれば、物価の傾向が劇的に変わることができる重要な道にあります」と述べました。 「BOJにとっては一生に一度だけの機会です」

加藤岡憲氏は、2%のインフレ目標を達成し維持するためのBoJの努力を弱めようとするすべての試みは、日本経済に深刻な結果をもたらすと述べた。 © Issei Kato/Reuters

6月にヘッジファンドが日本国債に公売度ポジションを積み重ねた時、BoJは10年満期債権利回りをゼロに近く制限するため債券買取を大きく増やすしかなく、これを収益率曲線統制と呼びました。 その後、米国の景気後退の懸念により、円が強調され、圧力が減少しました。

一部の批評家は、BoJに金融セクターの歪みを解決するために利回り曲線を広げることを要求しているが、 Kataokaは、グローバル金利が上昇したときに債券利回りをゼロに固定することは、緩和効果を高めるために重要であると述べている。

しかし、彼は、BoJができることの限界を認識しながら、政府は企業がより大胆な税インセンティブを提供することによって賃金を引き上げるよう奨励する必要があると述べました。 彼は岸田文夫首相政権に「危機意識が深刻に欠けているようだ」と話した。

彼は、円安や輸入コストの上昇の影響を相殺するために、企業や家計に減税などの追加の景気浮揚措置が必要であると指摘した。

Kataokaは、2017年にBoJの政策理事会に加わって以来、物価への下方圧力を避けるために金利引き下げへのより積極的なアプローチが必要であると主張し、中央銀行の金融政策決定に継続的に反対してきました。 取締役会の孤独な反対者として、彼はインフレ目標を達成するためにBoJがより強く約束するように促しました。

Kataokaは、BoJの緩和プログラムの否定的な副作用について声を高め、2%のインフレ目標の実現可能性に懐疑的であった経済学者のHajime Takataに置き換えられました。

今回の任命は、岸田政権が来る4月の任期が満了する黒田春彦日本銀行総裁の後任者を選出するための序曲として注目されている。

「物価上昇率目標を名目上だけにする動きがあるという懸念があります。 それはBoJがこれまでに達成した遺産を破壊するでしょう。」とKatakaは言いました。

彼は、「核心問題は、新しい支社が大衆と他の場所の批判を克服し、インフレ期待を2%に固定するために黒田の遺産を維持し発展させる重要な任務を遂行できるかどうか」と付け加えた。

READ  バイデン、ウクライナと世界経済に焦点を当てたG-7を開始

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close