日本は、円高ではなく比較的安定した通貨を追求すると、デビッド・ロシュは語った – NBCロサンゼルス

Estimated read time 1 min read
  • 「日本人は特に強い円を目指しているわけではありません。私の考えでは、彼らは比較的安定した円を目指しているようです。
  • 日本円の価値は先週、米ドルに比べ160ドルを突破してジェットコースターに乗っていました。 これは過去30年余りで最も急な下落傾向でした。
  • 以後、日本当局の二度の介入に対する推測が出てきて強化された。 これは約600億ドルに達すると言われています。

ベテラン投資家であるDavid Roche氏によると、日本は円高を追求するのではなく、比較的安定した通貨を目指しているという。

日本円 しました ジェットコースターに乗る通貨が過去を突破 米ドルに対する160 先週 – 30年で最も急な下落を記録しました。 以後、日本当局の二度の介入に対する推測が出てきて強化された。

インディペンダント・ストラテジーのグローバル戦略家であるロシュは、CNBCとのインタビューで、「日本は特に円高を狙っているわけではない。床を通り抜けたくない」と述べた。 木曜日には「Squawk Box Asia」が開催されます。

日本は「日本銀行総裁の権威を損なうインフレを起こさないため」行動してきた。

それだけ 円安の持続 BOJ以降 通貨政策の決定 4月にもかかわらず 日本当局の警告

報道によると日本当局は先週円安が急落してから円高を維持するために約600億ドルを支出した可能性があります。 円は、ドルに対して約155.61で最後に取引された。

木曜日に発表されたBOJの最新政策会議の要約によれば、中央銀行は急激な円安のため輸入価格が上昇するリスクがあると懸念していることが示されています。

「最近の円安や原油など物価上昇が輸入物価上昇を通じて生産者物価に影響を与え始めた」 BOJ 政策委員会のメンバーは、4月26日に終わった最後の会議でこう語りました。

会員らは「円安の下落はコスト上昇要因による物価上昇を通じて短期的には経済を低迷させる可能性が高いが、中長期的には根本的なインフレを高めることができる」と話した。

ロシュ首相は「日本が通貨政策を緊縮しない限り円高をもたらす政策を出すことができないだろう」とし、金利を少なくとも50bp引き上げ、円の「滅菌されていない介入」を許すだろうと付け加えた。

「つまり、国内の通貨の供給を縮小することです。統計からわかるように、 [Bank of Japan] そのようなことはまったくしませんでした。」とRocheは指摘しました。

READ  オーストラリア対日本を表示する方法
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours