経済

日本は、地域の草の根プロジェクトを支援するために、最大RM330,000の補助金を提供しています。

ジョージタウン日本は、マレーシアの非営利団体のためのGGP(Grant Assistance for Grassroots Human Security Projects)として知られている小規模金融支援制度を提供しています。

プロジェクトごとに最大RM330,000までサポートすることができるこの補助金は、非政府組織(NGO)、地方自治体、教育機関、病院や医療機関に公開されます。

ペナン周はキツネ首相(pix)は、この制度が1989年からマレーシアで行われ、現在までに、マレーシアで155個のプロジェクトが実行され、合計1,870万リンギ以上の資金支援が行われたと言いました。

「このプログラムは、1次医療、公共の福祉、初等教育、環境などの社会経済的発展を促進するプロジェクトを支援することを目指します」と、今日ここに声明を介して言いました。

日本政府は、2020年GGPのためにマレーシアのNGOの4つを選定し、そのうちの2つはペナン出身でした。

ChowはペナンのSt Nicholas」HomeとEden Handicap Service Center Bhdが、昨年のプログラムに対して、それぞれRM170,444とRM241,448に達する補助金を受けたました。

彼は「ペナンNGOは正式に作成した申請書を[email protected]を通じてペナンにある日本総領事館に提出することを強くお勧めします。」と付け加えました。

2021年GGP申し込みの締め切りは2021年6月30日です。

申し込みの基準と申請書は、日本大使館のウェブサイトhttps://www.am.emb-japan.go.jp/itpr_en/b_000195.htmlから入手することができます。 – 指定された

READ  タイは、米国が通貨の監視リストに維持した後、幅広い経済的影響を期待していません。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close