スポーツ

日本は、市場のボラティリティについて警告し続け、報告書の設備投資に関する見解を高めています。

小宮関太郎

東京(ロイター) – 日本政府が円安が32年ぶりに最低値に下落したことによる政府の反復的な市場介入に伴い、火曜日に発表された月間経済報告書で市場のボラティリティに「全面的な注意を払わなければならない」という警告を繰り返ししました。

先週の記録的な5兆5000億円(369億5000万ドル)と推定される円の買い入れと月曜日に別の介入が疑われる中、日本は家計と企業の輸入品コストを増加させた円の弱さを防ぐために努力しています。 。

10月の経済報告書は、収入に対する評価を下げ、企業支出の見解を高めたが、経済が緩やかな回復傾向にあると言って、4ヶ月間の経済の全体的な評価を変更しなかった。

政府はまた、9月の報告書で「金融および資本市場の変動の影響に十分な注意を払う必要がある」と警告した。

内閣関係者は報告書発表に先立って記者たちに「主に為替レートの動向に言及するが、株式や金利の動きを含む他の市場の全体的なボラティリティ高調について警告するためのもの」と話した。

当局は今月初め、日本銀行(BOJ)の四半期別企業アンケート調査に現れた堅実な支出計画を勘案し、2月以降初めて資本支出に対する見解を高めた。

一方、輸入の評価は中国および他のアジア貿易相手国の出荷量の減少に下方修正され、円表示の輸入価値も9月に記録を更新した。

日本国内総生産(GDP)の半分以上を占める民間消費に対して政府は緩やかな回復傾向を見せた。 サービス支出は増加したが、特に低所得層のインフレにより消費者心理が低下したと関係者は述べた。

日本の脆弱な感染症回復を支援し、公衆支持率が下落する中、岸田文夫首相政府は金曜日20兆円以上の経済扶養パッケージを発表する予定です。

山城と大志郎経済活性化担当長官の突然の辞任にもかかわらず、景気扶養策は計画通り10月末まで発表されると言われ、月曜日に述べた。

BOJは、円安を加速する対価を払っても、金曜日に終わる政策会議で経済を支援するために、超低金利を安定的に維持すると予想されている。

($1 = 148.8400円)

(小宮カンタロ記者、デビッドホームズ編集)

READ  Heisman勝者DeVonta Smith、アラバマ州の国家のタイトルに導く

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close