トップニュース

日本は、新しい政府機関を通じてワクチン研究開発を加速することを目指しています。

日本は、コロナウイルスファンデミックの初期段階でワクチンを提供するために他の先進国に遅れた後、新しい政府機関でワクチン研究開発を加速することを目指しています。

政府の優先順位リストにある感染性疾患に対する安全で効果的なワクチンを迅速に提供するために、日本医療研究開発庁(Japan Agency for Medical Research and Development)内に3月末に対比及び対応のための生物医学先進ワクチン研究開発戦略センターが設立されました。

2022年3月に撮影した写真は、ファイザー(株)とバイオエンテックSEが開発したCOVID-19 mRNAワクチンを示しています。 (刑務所)

政府はまた、日本で生産されたワクチンを海外でも使用できるようにすることで国際社会に貢献することを目指しています。

組織であるSCARDAは、感染症以外の期間中に機関や企業の研究を安定的かつ長期的に支援し、公衆衛生緊急時に迅速かつ柔軟に資金を提供します。

SCARDAの関係者は「通常、データと証拠を蓄積し、保健緊急時に最大限活用する」と述べた。

関係者によると、SCARDAはコロナ19ワクチン開発において、米国バイオメディカル先端研究開発庁、国立保健院と同様の役割を果たすと期待される。

SCARDAは、公共-民間のパートナーシップと早期投資と参加に協力するという約束を米国機関と共有していると関係者は語った。

関係者は「特にG-7の「100日ミッション」に合わせてブレイクアウト時間を短縮し、ワクチンを迅速に発売できる方法が最優先」と話した。

日本を含む7つの先進国グループは、民間協力による科学的革新を活用し、将来の感染症の脅威が識別された後、最初の100日以内に安全で効果的な診断、治療薬、ワクチンを配置する準備が整った野心的な目標を設定しました。 。

G20経済局もこの任務を支援し、指導者たちは、将来の感染症の脅威が特定された後、300日から100日に短縮することに同意しました。

しかし、感染症ワクチンの開発はいつ、どの程度のウイルスが出現するかを予測することがほとんど不可能なため、企業の立場では高リスクプロジェクトとされる。

ほとんどのワクチン候補者は許可を受けず、失敗した製品のコストも吸収する必要があると米国保健福祉部は言います。

日本政府の計画によると、資本投資リスクをヘッジするための努力の一環として、偶発ワクチン生産施設が正規の時間に他の生物医薬品生産施設として使用される予定だ。

SCARDA設立で政府は研究開発費を支援し、民間ワクチン開発を直接支援する予定だ。 同時に、この関係者は成功したワクチン購入を事前に約束する可能性も排除していないと述べた。

政府は主要開発場所を準備するために515億円(4億2000万ドル)を、1次リストにある感染症ワクチンおよび関連新技術の研究開発に1504億円を割り当てる計画です。

READ  箱を開けて300秒で始まる仮想世界。 「Oculus Quest 2」は、簡単に、あまりにもVRシステムである|ギズモ・ジャパン

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close