経済

日本は、液体電子燃料を使用して温室効果ガスの排出量を削減するよう努めています。

読売新聞ファイル写真
東京都千代田区にある経済産業省の建物。

経済省は、日本の温室効果ガス排出量の削減を支援するために、二酸化炭素と水素で作られた液体電子燃料の使用を奨励します。

工場や他の情報源から排出される二酸化炭素からなる燃料の使用を促進するために、委員会が設立されます。 自動車、航空機、船舶、その他の輸送手段に動力を供給するガソリンのような化石燃料のための脱炭素の代替手段となることが望まれている。

委員会は公共部門と民間部門のメンバーで構成され、早ければ金曜日に最初の会議を開くことができます。 参加者は、経済産業省、国土交通省、日本石油協会、日本自動車工業協会、その他の産業団体から来ます。

電子燃料を実用化するためのスケジュールを検討し、二酸化炭素排出量の削減に対する燃料の効率を評価する方法などの問題を検討します。

1リットルのe燃料を生産するには、現在約300~700円程度の費用がかかると推定され、ガソリンやその他の燃料よりもはるかに高価な可能性が高いです。

委員会は、今後数年間にわたって電子燃料の予想需要を見積もり、企業が燃料の開発と採用にどれだけの投資が必要かを理解するのに役立ちます。

政府は2050年までに炭素中立(温室効果ガスの純排出ゼロ)を達成することを目指しています。

経済省およびその他の機関は、電子燃料およびその他のエネルギー源の早期実用化を促進し、脱炭素社会を実現するための努力を加速するための措置を講じます。

READ  進行中の理事会の議長の将来のために重要な東芝の株主投票

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close