日本は、福島放射能処理水排出の懸念を緩和するために専門家が中国で会ったと述べた。

Estimated read time 1 min read

日本は、福島第一原子力発電所で処理された放射性廃水を海に放出することに対する中国の懸念を緩和するため、自国の専門家たちが中国側と会談を行ったと明らかにしました。

このような放出は漁業団体と周辺国、特に中国が日本産水産物の輸入を全面禁止したことに反対している。 中国の動きは、日本のホタテ栽培業者と中国の輸出業者に大きな影響を与えました。

日本の外務省によると、昨年の土曜日、中国北東部大連で開かれた会談で、日本の管理者たちは、放出がどのように計画どおりに安全に行われたかについて「科学に基づく」説明を提供したという。

昨年11月、サンフランシスコで開かれたアジア太平洋経済協力体フォーラムで岸田文夫日本首相(左)と習近平中国国家主席が握手している。 写真:刑務所
2011年、地震と津波により被害を受けました。 福島 発電所の電源と原子炉冷却機能が低下し、3つの原子炉が溶解し、大量の放射性廃水が蓄積します。 ただ私の多くの空間を占めるタンクに10年以上貯蔵してきたこの工場は、去る8月24日から水を一度以上処理した後、海水で希釈して放流し始めたが、この過程は数十年かかると予想される。
日本首相 岸田文夫 そして中国大統領 習近平 去る11月の首脳会談で両国は専門家たちの科学会談を開くことに合意し、その後数回非公式会議を開いた。 日曜日、日本の外務省の声明は会談の最初の公認でした。

専門家らは、退院に関する「技術的問題」について意見を交換したと、国防総省の関係者は、問題の感受性のために匿名を条件に述べた。 この関係者は、透明性の重要性を強調しながらも中国側の発言内容と相違点が縮小されたかなど、詳細は明らかにすることを拒否しました。

今回の会議はラファエル・マリアーノ・ラファエル国際原子力機関(IAEA)事務総長が去る3月中旬原発を訪問し、続く放出が計画どおり安全に進行されていることを確認した直後に行われた。

READ  津リタ邦子が日本の女性漫画家の枠組みを壊す方法
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours