日本は「クリプト・エルドラド」になります

Estimated read time 1 min read
ソース: Alexey Novikov/Adobe

韓国アナリストと専門家たちは、日本が暗号通貨やWeb3「強国」になることを目指していると信じています。 しかし、一部では、ソウルはまだ東京を上回る能力を備えていると思います。

朝鮮日報韓国最大の新聞社であるソウルに本社を置く暗号通貨会社は、日本政府の積極的なWeb3育成政策について懸念しています。

こうした政策は、韓国の長い政治的、経済的ライバルである日本を「暗号通貨およびWeb3エルドラド」にする力を持っていると新聞は書いた。

一連の議論のために韓国がこの部門に対する規制を強化しようとする一方、日本は反対方向に行っているようです。

日本の暗号通貨規制は世界で最も制限されています。

しかし、岸田文夫首相は、市場の特定部門に対する規制緩和に熱心であるようです。

近年、日本の自律規制暗号通貨取引所は厳格なトークン上場政策を緩和し始めました。

政府はまた、批評家が日本企業を追い出したと言う制限的な暗号通貨税法を改革し始めました。

メディアは次のように書きました。

「かつて仮想資産強国に選ばれた韓国が政府規制や投資者減少などで衰退する反面、日本は上昇傾向に乗っている。 政府が支援対策の実施に先立ち [for the sector] 規制緩和も。」

朝鮮日報は今年7月に日本で開かれた第1回WebXカンファレンスで映像演説をすることにした岸田の決定も言及した。

今回のカンファレンスは日本最大の暗号通貨専門メディアメディアであるコインポスト(CoinPost)が主催しました。

しかし、会議で演説した有名な政府官僚は岸田だけではありませんでした。

この日の行事には経済部長官と自民党政策研究委員長も演説した。

日本東京で開かれたWebXカンファレンスの発表者リスト。
2023年7月日本東京で開催されたWebXカンファレンスの発表者のリストです。 (出典:WebX)

この法案には、バイナンスの首長である「CZ」蔵王昌ファンと「ビットコインイエス」ロジャーバーも含まれた。

日本政府、暗号通貨とWeb3分野の支援 – 韓国もこれに従うのか?

Kishidaは、2022年5月にロンドンで開催された投資家との会議で、Web3の意図を初めて公開しました。

来月、彼は2022年11月にリリースされる「基本ポリシー」フレームワークと一緒にいくつかのWeb3の約束をしました。

その後、自民党は昨年12月に洗剤改革を推進し始めたWeb3およびNFTタスクフォースを構成しました。

しかし、朝鮮は2021年国務会議で、Web3政策を大臣がスタートアップを開発し、デジタル変革を促進するために「Web3企業に集中的な支援を提供する」ことに合意したときにさかのぼります。

メディアはまた、日本が租税改革とステープルコイン発行法を迅速に推進していると主張しました。

日本銀行と信託運営者は、6月にステープルコインの発行および流通に対する法的許可を受けました。

一方、韓国企業は依然としてステープルコイン承認を待っています。

これにより、海外の暗号通貨関連企業が今や日本進出に「ジャンプ」していると、このメディアは伝えた。

これらの企業には、暗号通貨取引所巨大バイナンス(Binance)と韓国のゲーム大企業ネットマーブル(Netmarble)が含まれる。

バイナンスは国内スタートアップとのM&A契約を通じて、2023年8月に日本の暗号通貨市場部門に首尾よく合流しました。

専門家らは韓国「政府と政治家」が「内需市場の育成と規制緩和にもっと関心を払わなければならない」と主張した。

匿名の韓国暗号通貨業界関係者はこう述べた。

「韓国が時間をかけて暗号通貨システムを改編している間、日本は政府と政治家が協力しながら急速に動いています。」

関係者はこうして結論を​​下した。

「韓国はKポップや韓流ドラマなど文化コンテンツ分野で日本より競争力がある。 政府が迅速な立法と支援、規制緩和を推進すれば、われわれがウェブ3分野の先頭を取り戻すのにそれほど長い時間はかからないだろう」と話した。

近年、MizunoとCasioを含む日本企業は、Web3とNFTの分野に参加する計画を発表しました。

READ  日本のパラリンピック、東京の他のゲームでメダル勢い持続
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours