トップニュース

日本はエタノールの需要を倍増することを約束した。

バイデン大統領は最近日本を訪問し、日本首相と議論しながら、日本は2030年までに石油輸入依存度を減らすことを約束しました。 これは、持続可能な航空燃料や道路燃料など、エタノールの需要が倍増していることを意味します。 米穀物委員会(US Grains Council)は、米国大使のRahm Emanuelが日本のエタノール使用拡大を継続的に支持していると述べた。

USGC副会長のCary Sifferath氏は、次のように述べています。 「アンバサダー・エマニュエルと彼のチームは、USGCが日本の消費者にバイオ燃料使用量を増加させる利点と炭素排出目標を達成する方法について議論するために不可欠なパートナーでした」

USGC社長兼CEOのRyan LeGrandとSifferathは最近、エタノールが主な議論のテーマであった東京を訪れました。 日本は現在、2021-2022年のマーケティング年の間に米国のエタノールのための第4の大きい市場に選ばれました。

READ  日本はオーガスタナショナルで二倍に活躍し松山英樹が主演を務めました。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close