日本はエネルギーの懸念にもかかわらず、新しい原子力発電所に目を向けない

Estimated read time 1 min read





前右から2月13日、福島県大久間で東京電機電力会社ホールディングス株式会社が運営する福島第1原子力発電所の1号、2号、3号、4号原子炉が見えます。 2021. (毎日/手塚光一郎)

東京(教徒) – 日本産業賞は、火曜日のエネルギー安全保障の懸念が高まっているにもかかわらず、新しい原子力発電所の建設を考慮していないと述べた。

先週、産業部は炭素中立社会実現のためのクリーンエネルギー戦略中間報告書を作成した。 報告書は、運転の安全性を最前線で維持しながら、エネルギー安全保障を確保するために原子力発電所の再稼動について述べた。

萩宇田小一経済産業賞は記者会見で「ウクライナ事態と電力供給不足に対する懸念を勘案し、原子力をはじめとする私たちが持っていることを最大限活用する」と話した。 人材だけでなく、新しいタイプの原子炉の開発を指示します。

一方、より多くの原子炉が40年の動作限界に達し、他の規制障害物に直面し、彼らの運命がますます不確実になるにつれて、原子力の役割を明確にしなければならないという国家産業部門の要求が高まっています。

月曜日、日本商工会議所は産業省機関である天然資源エネルギー庁に政府のエネルギー戦略で原子力の地位を明確にするよう要請し、アイドル原子炉の早急な再開を促した。

2011年3月11日、日本北東部で発生した大規模地震と津波で触発された福島第1原子力発電所事故後に導入された、より厳しい安全規定に基づき、日本の36個の原子力発電所のうち10個の発電所のみ現在稼働を再開しました。

昨年発表された政府の最新エネルギー計画は、2050年まで炭素中立を達成するための努力の一環で、2030年度に日本全体発電容量の20~22%を原子力発電と再生エネルギーが36~38%を占めることを求めています。 。

READ  インドネシア、石炭流通問題、輸出禁止について業界と協議
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours