技術

日本はオリンピック期間中に増加するサイバー脅威に直面する準備ができていますか?

日本はオリンピック期間中に増加するサイバー脅威に直面する準備ができていますか? (写真ベルージュMEHRI / AFP提供)

  • FBIは、オリンピックが普通サイバー犯罪者と国行為者の両方を引き込むと警告しました。
  • オリンピックはDDoS(分散サービス拒否)攻撃、ランサムウェア、ソーシャルエンジニアリング、フィッシングキャンペーンや内部の脅威を含む可能な攻撃の対象になることがあります。
  • 日本は今年初め220人の「倫理的ハッカー」を教育して、サイバーセキュリティが強化された、東京2020を作るために努力しました。

一週間前、2020年に日本東京で夏季オリンピックが開かれる直前に、米情報局は、 民間企業告示。 この記事は、以下を含む日本オリンピック期間中に複数のサイバー攻撃の可能性について警告しました。 分散サービス拒否 (DDoS)攻撃、 ランサムウェア、ソーシャルエンジニアリング、 フィッシング キャンペーンまたは内部の脅威。

機関によると、これらの攻撃は、イベントの生放送をブロックしたり、妨害したり、機密データを盗んでハッキングや流出したり、人質にとるか、オリンピックをサポートする公共または民間のデジタルインフラを攻撃し、影響を与えることができるとします。

「悪意のある活動は、メディア放送環境、接待、公共交通機関、チケットまたはセキュリティを含むいくつかの機能を妨害することができます。 FBIは、現在までに、これらのオリンピックの特定のサイバー脅威を認知していないが、パートナーが境界を維持し、ネットワーク、デジタル環境でのベストプラクティスを維持することを推奨します。」と付け加えました。

FBIは、現在までに、これらのオリンピックの特定のサイバー脅威を認知していないが、「パートナーがネットワークとデジタル環境での境界を維持し、ベストプラクティスを維持」することをお勧めします。 今回の警告は、オリンピックに多くのサービスを提供する日本の技術の大企業富士通が今年初め、大規模なサイバー攻撃の標的にされた後、出てきた。

FujitsuはTokyo 2020組織委員会と国土交通省など複数の企業と政府機関の顧客からのデータ流出を経験しました。

オリンピック組織委委員らも 2021年6月に別の攻撃対象スポーツ、イベントの主催者に関連する約100個の組織に関連付けられた個人の名前と所属を含むデータがオンラインに流出しました。

日本はオリンピック準備 サイバー脅威

少なくとも2004年のアテネオリンピック以来、サイバーセキュリティは、オリンピック開催国と国際オリンピック委員会の関心が高まりました。 日本は過去から教訓を得て、積極的に乗り出すことを決めた。 昨年10月の国際オリンピック委員会(IOC) 識別されたサイバーセキュリティ ゲームのための最高のサイバーセキュリティ環境を提供するために莫大な投資を行う計画を発表しました。

しかし、IOCは主題の特性により、サイバーセキュリティ計画の具体的な詳細を明らかにしていないと述べた。 の増加を考えると 近年、サイバー脅威と攻撃、日本は新しい国と両者の協力を開始し、現在のパートナーシップを強化しました。 例えば、日本では 米国国土安全保障省 東京2020に備えて、サイバーセキュリティを向上させる方法について説明します。

国内最高のエネルギー会社でも と提携 イスラエルの電力供給会社であるIEC(Israel Electric Corporation)は、オリンピック期間中の重要なインフラストラクチャのサイバーセキュリティの問題を管理します。

何よりも、 検討 東京2020のための日本のサイバーセキュリティ戦略によると、日本には、限定されたサイバーセキュリティの専門家がいます。 28% 社内で働くITプロフェッショナルの数。

これは米国65.4%、ドイツ61.4%、イギリス53.9%に比べて著しく低い数値だ。 この問題を解決するために、日本は220人 倫理的ハッカー サイバーセキュリティが強化されたTokyo 2020を作成するために、今年の初めに開催されました。





READ  2021年ポルシェ911ターボS vs. アウディR8 V10加速試験、明らか勝者

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close