トップニュース

日本はコロナ19予防接種を加速するために、国内の臨床試験を廃止すべきだった。

2021年2月17日、日本の東京の東京医療センターで、日本が予防接種キャンペーンを開始することにより、医療従事者が注射器にファイザー – バイオ円テックコロナウイルス病(COVID-19)ワクチンを注入します。 Behrouz Mehri / Pool via REUTERS / File写真

日本がコロナ19ワクチンの国内臨床試験を必要とすることは、人口を接種するために貴重な時間が聞いていたワクチンプログラム責任者河野太郎が火曜日発表した。

ロイターの追跡によると、人口の約4.8%が完全に予防接種を受けたロイタートラッカーは、7月23日から始まる東京オリンピックに数万人の訪問者が到着する準備ができた時点で、大規模な富裕層の経済の中で最も低い率を記録しています。

Konoは記者たちに「最初に戻ることができている場合、おそらく我々がした臨床試験を廃棄した」と述べた。

「普段は必要なようだが、緊急時やCOVID-19のような緊急状況では、可能な限り迅速に予防接種を開始しなければならないと思います。」

日本の2月中旬の予防接種開始は、ほとんどの主要経済国で遅れをとってたし、最初は海外から輸入されたファイザーワクチン(PFE.N)の不足容量に依存していました。

河野行政改革相は1月、このプログラムを率いて、野党が国内裁判を推進し、メディアがそれらなしで事故が発生した場合、政府が略奪したと述べた。

しかし、一部の公衆衛生の専門家は、200人以下の被験者を対象とした国内の実験は、科学的に無意味であると言いました。

最近数週間の間にワクチンキャンペーンが活気を帯びており、何千もの企業が、従業員と家族に注射を投与するために、政府消耗品を使用することで署名した今加速するでしょう。

Konoは毎日の予防接種は、現在約70万件から6月末までに100万件をされることを希望すると述べた。

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本の島の米軍訓練場に反対する市場が再選に勝つ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close