技術

日本はデジタル観光を通じて地域活性化を追求

日本観光庁は、デジタル技術を活用した新たな観光サービスを通じて地域活性化を促進するため、5ヶ所で試験を実施しています。

一部の実験では、QRコードと顔認識システムを使用して、大規模なイベント会場やその他の施設を訪れる人が近くの地域を見回し、商品やサービスにもっと支出するように誘導しています。

Jリーグ1部リーグである鹿島アントラスは、2019年茨城県鹿島市のホーム球場で開かれた競技に平均約2万人の観衆を集めた。 多くの観客が競技が終わった後、近くの施設を訪れずにすぐに帰宅する傾向があり、地域経済に困難を経験した。

先月アントラス競技が開かれた3日間行われたテストでは、食堂、お土産店、道端の休憩所など競技場周辺40か所でスマートフォンでQRコードをスキャンしてポイントを獲得して交換した。 ジャージーやタオルなどの鹿角製品の場合。 QRコードは3,000回以上スキャンされ、目標2,000回をはるかに超えました。

アントラスサポーター(56)は「普段は試合が終わった後に食堂に行くが、試験期間には道端の休憩所と他の2か所を行った」と話した。

Fuji Kyuko Co.は、11月に山梨県のFuji Gokoとして知られる5つの有名な湖周辺地域で、富士急ハイランド遊園地を含む約30の観光スポットの料金を支払うために使用できるデジタルチケットの販売を開始しました。 富士吉田市、鉄道、バス料金。 観光客の便宜のために顔面認識システムも導入された。

富士急子の米宮正雄事務総長は「デジタルチケットを使用できる施設の範囲を拡大するなど、より広範なサービスを提供する可能性を模索するだろう」と話した。

日本観光庁は来年4月から始まる2022年度も同様のテストを続ける計画だ。

機関関係者は「国家補助金に頼らずに事業を継続できるビジネスモデルを構築することが目標」と話した。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  Wear OSに移動すると、サムスンは、最初のAndroid時計の所有者がTizenに移行することを望んでいる。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close