日本はプーチンの調査を綿密に監視します。

1 min read

岸田文雄日本首相は24日、刑務所通信とのインタビューで「日本はウラジミール・プーチンロシア大統領に対する捜査状況を綿密に注視するだろう」と明らかにした。

岸田首相は東京でオラフショルツドイツ首相と会談を行い、上記のような発言をした。

彼はまた、国際刑事裁判所がプーチンに対する逮捕令状を発行したことを支持し、ロシアとウクライナの戦争中にウクライナの子供たちを強制追放する戦争犯罪を監督したとショーツは述べた。

ハーグ裁判所は、初めて国連安全保障理事会常任理事国現職国家元首に対する逮捕令状を発行した。 ウクライナとロシアは法定当事者ではありませんが、キエフは戦争犯罪に対するICC権限を付与します。

これに先立ち、ICCは金曜日にウクライナの子供たちをロシアに追放しようとする疑いで、ロシア大統領とロシア管理マリア・アレクセエブやルボワ・ベロワに対して逮捕令状を発行したとCNNが報じた。

共同通信によると、岸田長官は会談後、ショルツとの共同記者会見でロシアのウクライナに対する核兵器使用の脅威を決して受け入れないということに二人が同意し、モスクワに対する制裁を維持するという約束を再確認したと伝えた。

この会議は、現在グループオブセブンを務めている日本が、5月岸田の故郷である広島地域区で開かれるG-7首脳会議の土台を設けようと試みて開かれました。 昨年、ドイツはG-7議長国を務めた。

欧州連合とともに、G-7にはイギリス、カナダ、フランス、イタリア、アメリカも含まれています。

岸田氏は去る1月、日本西部都市で開かれた予備首脳会談でドイツを除くG7諸国を一週間旅行した。

進行中の戦争でロシアがウクライナに対して核兵器を使用できるという懸念が高まって、岸田は広島で開かれたG-7会議で核兵器のない世界に対する自分のビジョンを提示することを切に望んでいました。 Kyodo Newsによると、1945年8月の原子爆弾。

KishidaとScholzは、土曜日の議論で広島で開催されるG-7サミットの成功に向けて協力することを明らかにしました。

両首脳はまた、国連に安保理常任理事国として加入しようとするため、日本とドイツが機構改革のために協力することに合意した。

アメリカ、イギリス、中国、フランス、ロシアと共に拒否権を持つ5人の正会員がいる。 すべて核兵器です。

一部の批評家によると、委員会は、特に2022年2月にロシアがウクライナを侵攻した後に正しく機能しないことを示しています。

土曜日の東京では、日本とドイツが初めて上級政府間の議論を行いました。

中国の世界的な軍事と経済的影響力の拡大に対応して、両国は鉱物および半導体産業の分野で経済安全保障協力を強化することを確認した。 これはサプライチェーンを強化するとKyodo Newsは報じた。

(このレポートの見出しと写真のみがビジネススタンダードの従業員によって再作業された可能性があります。残りのコンテンツはシンジケートフィードから自動的に生成されます。)


READ  日本銀行(BOJ)決定後、円安でグローバル証券市場の大部分が上昇
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours