トップニュース

日本はレバノンを引き続きサポートしています。

ロンドン:イランの海運会社が国際海運募集会社と協力して、多くのインドの船員がほとんどまたはまったく給与を受けずに危険な条件で働くことを強制したとワシントンポストが報じた。

報道によると、数千人のインドの男性が評判の良い船で給与と経験を保証し、時には他の中東諸国で働くことを約束する雇用担当者によって毎年イランに誘われます。

その新聞は、代わりにイランに送られ、食べ物を拒否され、時々薬物と製剤の貨物を輸送するよう強制されたと言った数十人の船員にインタビューしました。

デリー出身の24歳の生徒であるAshkay Kumarはこう述べています。 みんな大罠です。 彼らは私たちに奴隷のように働くように強制しました。

別のAshwani Panditは、ドバイに停泊していると思われる船での雇用を確保するために、募集者に2,600ドルを支払うために融資を受ける必要があると述べました。

しかし、意外にもイラン行きの飛行機票とビザを受けた。

彼は最後の瞬間にだまされたことを知ったとき、払い戻しを拒否され、イランに旅行するしかありませんでした。 そこで彼は7ヶ月間小さな貨物船で働きながら要素と鉄をイラクに運びました。

彼は「イランで船で働く私の友人たちはそこに会社が給与を与えないと警告した」と付け加えた。 「私にも同じことが起こった」

何十人もの人々が雇用担当者に雇用とビザのために数千ドルを支払ったと報告しましたが、彼らが騙され、より望ましい中東諸国ではなくイランで働くことを発見しました。

ファンディットは2020年8月、手ぶらでイランを去った。 彼の雇用主は、仕事に対する対価を要求しないという契約に署名するまで、出国ビザの署名を拒否した。

インド人は世界中の海洋労働者の大部分を占めています。 約316,000人の船員(世界の労働力の20%)がインド出身です。

そして、インドの労働は、雇用手続きをより困難にする深刻な制裁のために雇用に苦しむイラン企業にとって特に魅力的です。

Mission to Seafarers 慈善団体の中東および南アジア地域ディレクターであるアンディ・ボワーマンは、ワシントン・ポストに次のように語った。

彼は「危険があることを知ることも、分からないかもしれない契約をしようとする必死な人々がた​​くさんいる」と付け加えた。

イランの船で働く多くの人々も、自分が制御できない地政学的出来事に巻き込まれる危険があります。

ムンバイから来た29歳の自秘アクタールは、米国の制裁に従って制裁を​​受けている燃料やその他のイラン商品を密輸する船舶で働いていると言った船員の一人でした。

Akhtarは、2020年の終わりに、彼のタンカーがイランの燃料を運搬して摘発された後、UAE当局によって抑留され、数ヶ月間港に停泊していたと述べました。

そして7月には黒いマスクとゴーグルを着用して銃を振り回す4人が船に上がって乗船し、船員たちの手を背中に縛って動く人をすべて撃つと脅した。

タンカーがイラン・バンダル・アッバスに航海している間、乗組員は人質で捕まった。 乗組員は解放され、地元のインド大使館の助けを借りて家に飛びました。

捜査官は、イランのイスラム革命守備隊が拉致に責任がある可能性があると結論づけました。

READ  日本の田中亮メイ、ボクシングフライ級銅メダル獲得

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close