経済

日本はワクチンのためのオリンピック選手を優先することができます:レポート

日本は去る7月23日に大流行に延期された東京オリンピックが開かれる前にコロナウイルスワクチンの接種のために、オリンピック選手を優先することを検討している現地のメディアが木曜日発表した。

日本政府は、このような計画が考慮されていない事実を否認したが、選手たちの健康を保護することについて、「綿密見守る議論」になると述べた。

報告された動きは、オンラインでの批判を触発させ、日本のTwitterユーザーは「最初に私のおばあちゃんにくれ!」と要求しました。

日本のワクチン発売は2月にジャブ始まって以来、これまでの医療従事者に1万件の最初の接種のみ与えながら、ゆっくりと進行しています。

高齢者は、次の週から接種を開始し、これまでの日本では、ファイザーのワクチンだけ承認した。

より多くの人口を対象とした予防接種日はまだ決まっていないが、政府は6月末までに、日本選手たちに二注射を合わせることを検討している共同通信は報じた。

プライベート放送局であるNippon TVと他の媒体も、この計画を報告しており、一部は提案されたスケジュールが、健康な若い選手たちが日本の高齢者よりも先に接種を終えることを意味すると指摘しました。

加藤甲信政府のスポークスマンは、「政府がそのような計画を研究しており、政府は、この時点で議論する意思がないという主張には、実際にはない」と述べた。

しかし、彼は、政府がオリンピック関係者、東京オリンピックの主催者と開催都市東京との間の「選手の健康問題についての議論を綿密に見守るだろう」と記者団に語った。

オンラインでは、日本のTwitterユーザーが「すべての選手が出てくればならない言わなければなら」という批判を受けた。

「オリンピックのために命を捧げたワクチンが遅れて死亡した高齢者や病気の人に感謝しますか?」 他の人に尋ねた。

日本は大流行が始まって以来9,200人をわずかに超える死者を記録した比較的小さなウイルスの発生を目撃した。

しかし、最近、日本の西の大阪を含む日本の多くの地域で感染が急増しており、これは県の公共道路でオリンピックの聖火リレーを禁止することを決めました。

調査によると、日本の大半は、オリンピック開催のためのサポートが若干増加して30%未満に上昇したが、オリンピックがキャンセルされたり延期されることを見たいと思っています。

IOCのトーマス・バッハ会長は、予防接種が東京オリンピックに出場する選手たちに必須の要件ではありませんが、オリンピック関係者は、参加者がジャブを受ける奨励すると言いました。

IOCは中国で確保したワクチンをアクセス権がない国の選手たちに提供する予定です。

READ  日本、輸出に経済回復の拡大、資本支出がCOVID痛みを和らげる| ロイター| 事業

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close