技術

日本は下位亜種に打撃を受けながらCovidのケースレポートを再考することができます。 日本

日本はファンデミック開始以来最大規模の発症に対処するために苦軍奮闘しているため、病院への圧迫を緩和するためにすぐにコロナウイルスとの戦争を見直すことができます。

日本は1億2,600万人口のうち約32,000人が死亡するファンデミック期間中比較的うまく耐えられたが、最近BA.5サブバリエーションが強打しながら1日に200,000件以上のコビド-19事例(他のどの国よりも多く)を報告しました。

専門家たちは最近、急増が7月の新規感染のほぼ3分の1を占める子どもと20歳未満の人々によって主導されており、30歳未満が全新規事例の約半分を占めると述べています。

無料の日刊ニュースレターであるFirst Editionにサインアップしてください。 毎週平日午前7時(BST)

政府が症例データを収集する医療機関の負担を減らすために、新規症例報告規約の変更を検討中だという。 一部の管理者は、すべてのケースを報告する必要性に疑問を投げかけました。 これは、病院に圧力をかけ、感染した人と密接に接触した人で隔離する必要がある場合に人を働かせないようにするアプローチです。

一部の企業や地方政府の管理者はまた、Covid-19のBA.5亜種が生成されるという証拠がある中、当局は、結核などのカテゴリーに属するウイルスをインフルエンザと同じように再分類するように求めています。 刑務所通信は以前の変種より軽微な事例だと伝えた。

日本は去る木曜日に記録的な233,100件の事例を報告しました。 平日から月曜日までに140万人以上の新しい感染を確認しました。 これは全州より1.3倍増加した数値で、総ケースロッドをほぼ1300万人に増やしました。

60歳未満のほとんどの人はまだ4番目のジャブを受ける資格がありませんが、若い人たちは3番目のジャブを受け取るのに苦労しています。 また、首相室のウェブサイトによると、2月に該当年齢帯に対する予防接種が開始されて以来、5~11歳の子供の17%だけが2回接種を受けた。

日本人の60%以上が3回ジャブを受けており、マスクの着用はまだ蔓延していますが、保健専門家は多くの人が最後のワクチン接種を受けてから数ヶ月が過ぎたため、症例が増加していると思います。

名古屋工科大学の平田明正教授によると、流行性疲労も最近流行を主導するのに役立ったと言います。 平田は刑務所通信に「昨年と違い感染が増加したにもかかわらず、外出者数が減っていない」と話した。 「生産可能な人口の間でワクチンの有効性が低下するにつれて、症例は高まり続けるでしょう。」

日本は封鎖令を下したことはありませんが、定期的に人々に旅行や不要な外出を控えるよう促しました。

政府は人々に移動を制限するか、パブやレストランの営業時間に縁石を再導入するように求めることを嫌がっています。 代わりに、高齢者や医学的に脆弱な人々を保護することに焦点を当てた独自の措置を決定することは、地域当局に任せます。

木原清二官房長官は「国家的対応よりは現地の状況に応じた地方当局の対応を支援したい」と話した。 「各都道府県の社会・経済的活動を支援することが重要です。」

刑務所は、以前のコロナ19の流行よりも死亡者が少なかったが、一部の地域では集中治療の数が増加していると述べた。

月曜日、東京都で13日連続新規確定者が2万人を超えたと報告し、東京のコロナ19患者のために設けられた病床のシェアが50%以上に上昇したと明らかにした。

大阪市は最近、波が沈むまで老年層に不要な外出を控えるように要請し、沖縄南部地域は今月中旬まで外出を控えるように要請した。

感染の増加は経済部門にも混乱を招いた。 一部の地域の電車会社は従業員の不足のためにサービスを減らす必要があり、トヨタは生産ラインの1つで夜間シフトを停止しました。

READ  Xiaomi、MicroLEDディスプレイが含まれている概念スマートメガネ披露

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close