日本は世界初の木造衛星を作りましたが、これはかなり大きなことです。

1 min read

林業会社と宇宙機関は頻繁に交差しませんが、京都大学と住友森林という会社が協力して世界初の木造衛星を作りました。 衛星は9月ケネディ宇宙センターでスペースXロケットに乗って国際宇宙ステーション(ISS)に送られる予定だ。

世界初の木造衛星。 画像ソース:京都大学と伐採会社である住友林業。

木、空間に会う

宇宙飛行士であり、京都大学の特別教授である東高尾は「金属で作られていない衛星が主流にならなければならない」と述べています。

奇妙に聞こえますが、木材は実際に宇宙に送るのに良い材料かもしれません。 宇宙などの条件で保管されている木材は、質量損失や腐敗が発生していないようで、持続可能な資源です。 地球大気圏に再進入すると、木材衛星は再進入から生き残り、地上汚染や残骸を引き起こす可能性のある金属衛星とは異なり、有害な残留物を残さずに完全に燃焼すると予想されます。

金属よりも木材を使用する別の利点は、木材が本質的に様々な波長に透明であることである。 これにより、アンテナを木製フレーム内に安全に保管できるため、外部アンテナは不要です。 現在、新しい衛星が軌道に発射されたら、外部アンテナを配置する必要があります。これは時々失敗する可能性がある繊細なプロセスです。 本質的に、木材は衛星をよりシンプルで安価にすることができます。

軌道にはますます多くの衛星があります。 画像ソース:NASA。

LignoSatと呼ばれる新しい衛星は製作に4年かかりました。 すべての方向で10cm(4インチ)を測定します。 エンジニアは、マグノリアの木を選択しながら、さまざまな種類の木材をテストしました。 衛星はJAXA(日本宇宙局)に運ばれる予定であり、その後ISSに移動して強度と耐久性をチェックするようになります。

住友林業広報担当者は、水曜日のAFPとのインタビューで、「衛星が変形の兆候と衛星が膨大な温度変化に耐えられるかどうかを確認できる研究者に、データが衛星から送信されるだろう」と述べた。

衛星はますます大きな問題になっている

衛星汚染が大きな問題のように聞こえない場合は、おそらく注意を払わなかったでしょう。 近年、衛星の数が急増しており、さらに急速に増加する兆しを見せています。 これはいくつかの問題を引き起こします。

まず、宇宙の残骸は国際宇宙ステーション(ISS)やその他の有人任務に深刻な脅威となります。 マイナーな衝撃でも宇宙飛行士の安全と宇宙ステーションの完全性を危うくすることができます。 すると衛星の増加により光公害が発生し、これは天文観測と自然な夜空に影響を及ぼします。 これは地上望遠鏡と天文学の研究にとって特に問題になります。 しかし、木材が実際に役立つ可能性のある部分は衛星廃棄の問題です。

軌道上の衛星が増えたら、それを安全に廃棄することにもっと注意を払う必要があります。 軌道を離れた衛星は、再進入後も生き残り、地球の大気と表面を汚染する可能性があります。 さらに、衛星に使用される材料は有害な残留物を生成し、断片を残す可能性があります。

日本の宇宙飛行士であり、京都大学の航空宇宙エンジニアである東海高は最近警告しました。 「地球大気に再び入るすべての衛星は燃焼し、小さなアルミナ粒子を生成します。これは長年にわたり上層大気に浮かぶでしょう。」 「結局、地球環境に影響を与えるでしょう。」

次のステップ

LignoSatを設計した研究者は、以前は宇宙で木材をテストしたことがあります。 2年前、研究者は ISSの外の過酷な環境には、3種類の木材が露出しています。 10ヶ月にわたって。 この最新のテストが成功すれば、木造衛星の配置が始まるまではわずか数年しかかかりません。

「これから電子基板部分(内部を含む)を含め、全て木材で作った衛星を作りたいと思います。」 言った ドイタカオ。

フィードバックを送ってくれてありがとう!

READ  ボーイングスターライナー:2人の宇宙飛行士が宇宙船の問題で帰国を待っています。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours