技術

日本は世界1位のロボットメーカー

日本は世界の供給量の45%を供給する世界最高の産業用ロボットメーカーです。 近年、この国のロボットサプライヤーは生産能力を大幅に増やしました。

2020年、産業用ロボット13万6069台が出荷され、輸出比率が78%まで上がった。 国際ロボット連盟(IFR)が2022年3月9日から12日まで東京で開かれる国際ロボット博覧会(iREX)を控えて発表した結果だ。

(写真説明:国際ロボット連盟(IFR))

続きを読む:ロボットは私たちの職業を引き継ぎません:メルセデスはロボットを発射し、人々を生産ラインとして雇います

IFR(International Federation of Robotics)会長のMilton Guerryは、「日本の産業用ロボットの輸出は、過去5年間で年間平均6%の成長率を示した」と述べた。

同氏は「同時ロボットの輸入は常に極めて少なかった。2020年には日本設備の2%しか輸入した。日本国内のロボット市場は中国に続き世界2位規模だ」と付け加えた。

日本の中国成功

ロボット工学および自動化技術 日本の輸出の36%が中国に向かった。 他の国際ロボットサプライヤーと同様に、日本のメーカーは中国工場から直接中国市場にサービスを提供しています。

世界最大の産業用ロボット市場にあるこれらの工場は、コロナ19ファンデミックによって国際サプライチェーンが中断された2020年に主な利点であることが判明しました。

日本のサプライヤーは、2020年第2四半期に始まり、下半期に弾力を得た中国の危機以降、ブームで総合的な恩恵を受けることができました。

コロナ19ファンデミックで反発

市場シェアが22%の米国は、日本のロボット工学および自動化技術の輸出のもう一つのトップ市場です。 米国と中国の両方がコロナ19ファンデミックでさらに反騰すると予想される。 国内市場とともに、主要輸出地域は日本のロボットに対する需要を確保します。

「日常の中のロボット」 – iREX Tokyo

国際ロボット連盟事務総長のスーザン・ビラー(Susanne Bieller)博士は「日本は高度にロボット化された国家であり、日常生活でロボットを使用する上で世界的なリーダーです」と述べました。 「今年、東京で開催されるiREX展示会は、ロボットによるより親しみやすい社会への道に焦点を当てます。

「Robots in Daily Live」の詳細な背景情報については、以下の国際ロボット連盟(International Federation of Robotics)の情報文書をダウンロードしてください。 国際ロボット連盟(ifr.org)

iREX国際ロボット展示会東京ビッグサイト、イーストホールズ – 2022年3月9-12日

国際ロボット大戦は1974年に初めて開催されて以来2年に一度開催され、今年で24回を迎えた。 2019年に開かれた過去の展示会には637社と団体の参加企業が参加し、合計3060ブース規模で歴代最大規模だ。

日本以外の参加企業は16カ国から95の企業や組織に成長しました。 総観覧客数は14万人を超え、64カ国で約7000人余りの海外観覧客が訪れる世界最大のロボット展示会で全世界の注目を集めた。

今年のフェアは初めてハイブリッド形式で開催されます。 https://biz.nikkan.co.jp/eve/irex/english/

関連記事:コロナウイルスファンデミックが続いてロボットエンターテイナー登場

ⓒ 2021 TECHTIMES.com All rights reserved. 不正な複製を禁じます。

READ  Appleの混合現実ヘッドセットにM2チップが搭載されることが知られています。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close