日本は中国のデカップリングが成長するにつれて、より多くの台湾チップ会社を楽しませます。

Estimated read time 1 min read

ロイター通信の最近の報告によると、日本が半導体産業を復活させるための継続的な努力により、より多くの台湾企業の拡大が増加したという。 海岸にチップ会社があります。

これらの企業は、新しいTSMC工場を支援することに興味があり、日本のセクターの有望な見通しから利益を得ることを目指しています。

このような活動の増加は、米国の中国半導体の制限により、グローバルチップ産業の運営優先順位が大きく変化している場合に発生します。

台湾、チップ事業の拡大

この傾向に注目すべき参加者の1つは、アプリケーション固有の統合チップ(ASIC)を専門とするファブレスチップメーカーであるAlchip Technologiesです。 2022年現在、研究開発エンジニアのほとんどは中国にある。

しかし始まった。 一部の役割を海外に移転日本にもっと集中しています。

アルチップは日本、北米、台湾などで積極的に採用を進めているが、具体的な挨拶事項は公開されていない。 ロイター通信によると、アルチップ・ジャパンの古城裕之社長は、日本半導体市場の成長について楽観的な見通しを出した。

彼は彼ら ASICの機会に集中 いくつかの有望なプロジェクトに参加します。 ロイターの調査によると、過去2年間で9つの台湾チップ会社が日本で事業を設立または拡大したことがわかりました。

例えば、チップ設計会社のeMemory Technologyは、2年前に横浜に事務所を開き、日本の大企業職員を採用しました。 このような戦略的な動きにより、顧客とのコミュニケーションが増加し、ビジネスの成長が促進されました。

eMemoryの社長であるMichael Hoによると、横浜にオフィスを設立した後、顧客とのコミュニケーションがより頻繁かつ効果的に行われました。 これらの個人 すでに現地チームと日本語でコミュニケーションをとる意思を明らかにしました。

また、この問題に精通した消息筋は、 台湾人が多いという事実が明らかになりました。 チップ部門企業は立地拡大や日本市場進出を初めて検討している。 有利な為替レートは意思決定プロセスを容易にし、円安はそのような戦略的動きをより魅力的にすることが知られています。

技術企業の大幅なサポート

今週末は、TSMCの最初の工場が九州(九州)で始まる日です。 チップ製造の卓越性TSMCのアリゾナ施設を建設する際に直面する困難とは異なり、 公開済み 日本で2番目の製造工場を計画しています。

これは現在、総投資額が200億ドルを超える金額です。 によると ロイターTSMCは、ダイナミックな仕事文化と簡単なコラボレーションと寛大な支援を特徴とする政府のため、日本を理想的な場所として認識しています。

TSMCに加えて、日本政府が支援するチップファウンドリベンチャーであるRapidusや台湾のPowerchipなどの他のプレイヤーもチップを作っています。 国内で意味のある進展

また、TSMCが支援するファブレスASIC設計会社であるGUC(Global Unichip Corp)も、エンジニアリングの才能とビジネスの見通しにより日本に魅力を感じています。

また、MA-tek(Materials Analysis Technology)やFinesse Technologyなどの重要なTSMCパートナーが日本での地位を拡大しました。 MA-tekが九州に新しい研究所を設立している間、Finesse Technologyは現在建設中の工場を稼働しました。

特に、現在進行中のデカップリング力学によれば、台湾企業の日本進出傾向は持続すると予想されます。 しかし、鈴木高本は 中国経済委員長 丸紅の研究では、日本が需要を満たすのに苦労する可能性があると警告した。

これは主に科学産業の若い人材が不足している可能性があるためです。

READ  Alan Wake 2のPC仕様は、すばらしい推奨要件でファンを驚かせます。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours