トップニュース

日本は中国の沿岸警備隊法に驚い

日本は中国が中国が主権と管轄権を侵害すると考えていることについて、中国の沿岸警備隊が外国の政党に武力を使用できるようにする中国の新しい法律についての懸念を表明しました。

月曜日発効する新しい法律は、「国際法に基づいた秩序を振ることができる」と国防部の幹部が警告した。

日本が管理する尖閣諸島に緊張が高まっている東シナ海での中国の軍事行動が起こる可能性がある東京は、北京が主張した。

与党自由民主党の一部は、自衛隊が状況に対処するために、より大きな役割をしなければならないと言います。

昨年、米国国防総省報告書によると、中国の第二の海軍とも呼ばれる、中国ゴースト警備隊は、「これまで、世界で最大の沿岸警備隊」と呼ばれます。

中国は2018年に中国の軍事最高指導部である中国中央軍事委員会の共産党の指導の下沿岸警備隊を配置しました。

新しい法律は、沿岸警備隊が、中国の主権や管轄権を侵害する外国組織や個人の武器使用を含むすべての必要な措置をとることができるようにします。

逆に、日本沿岸警備隊は、法に基づいて武器の使用に関する厳しい制限を受けており、これは軍事活動を明確に禁止しています。

中国沿岸警備隊が尖閣島周辺の日本の海域に繰り返し侵入しました。

昨年、日本は333日間、独島周辺領海を取り囲んでいる隣接地域では、中国沿岸警備隊とその他の政府船舶を発見した。

一般的に、日本の沿岸警備隊スンチャルソンは、中国では、これらの船舶を処理します。 しかし、中国船舶が積極的に変化自衛隊の船舶が派遣され、セキュリティ作戦を実行することができます。

先週自民党の会議で議員たちは、新しい中国の法律を攻撃した。 一人は、「中国が尖閣諸島を狙っている」と警告したし、他の人は、「中国の動きは、脅威に過ぎない」と述べた。

参加者は、中国沿岸警備隊と軍事が緊密に協力しているという点を考慮して、自衛隊が大きな役割を果たしやすいように法案の作成を提案した。

金曜日に、政府は、地域の状況を議論するために国家安全保障理事会を開きました。

茂木豊島みつ外相はこの日の記者会見で、中国は「国際法に反する方法で法を適用してはならない」と述べた。

東シナ海では、海上自衛隊と中国海軍の艦艇が互いに対決することが一般的であるがしました。

日本は自衛隊駐屯が増加すれば、中国がこの地域でより多くの海軍艦を派遣する言い訳を与えることができると懸念しています。 国防部の関係者は「私たちは、中国が設定したトラップに陥るだろう」と述べた。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  大阪市北区・中央区の飲食店に労働時間短縮の要求は、27日から15日間... 50万円の協力金 - 読売新聞

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close