トップニュース

日本は中国の脅威が大きくなり、アメリカの影から抜け出した。

ロシアが2月にウクライナを侵攻した後、彼はモスクワに制裁を加え、教皇と核のない世界を追求することに合意した。

しかし、彼が保護しようとしているのは、ウクライナの民主主義だけではありません。 Kishidaは、ヨーロッパでロシアの行動と米国の太平洋海岸線からインド洋に至る地域であるインド太平洋から中国の拡大との類似点を見ています。

岸田首相は「場所を問わず一方的な力で現状態を変えようとする試みに強く反対する」と話した。 5月、欧州連合首脳との共同声明で。 同じ声明には、「南シナ海の軍事化、降圧、脅迫に対する報告に対する深刻な懸念」を示すフレーズが含まれていますが、中国を侵略者として指定しませんでした。

日本の位置は南に中国、西に核武装した北朝鮮、北にロシアが隣接しており、ますます不安定な安保環境に置かれるようになります。 その結果、ウクライナ戦争は前例のない日本の国家安全保障に対する議論を促しました。

去る4月、与党議員 国防予算増額案の提出 NATO加盟国に応じて1%から2%に増加し、「反撃能力」を開発することは、日本の長年の平和主義の安全保障の立場に大きな変化を予告する動きです。

しかし、東京は防衛だけに投資するのではなく、外交を通じて地域やその他の地域で関係を強化しています。 専門家たちは、月曜日、岸田のジョーバイデン米大統領との会談を控え、世界3位の経済大国が抑制へのアプローチを再評価しており、世界舞台で信頼できるパートナーであることを誇示していると述べています。

日本の発明品

日本は、10年以上前にインド太平洋を横切ってアメリカとオーストラリアを引き寄せる「自由と繁栄の湖」のアイデアを出しました。

2007年に、 当時、安倍晋三日本首相はインド議員たちにこう語った。 「より広いアジア」が形成され始め、デリーは「この海を育て、豊かに」するために東京と一緒に働くように頼みました。 これは、アメリカ、オーストラリア、インド、日本の間の緩やかな戦略的同盟であるQuadrilateral Security Dialogue(Quad)になることの始まりでした。

太平洋同盟国を統合しようとする安倍の試みは、中国が日本を抜いて世界2位の経済大国になって行われました。 長くなく、北京は中国と世界を結ぶ新しい貿易炉を開発するために一対一で構想(BRI)を推進していました。

5 アジア軍のホットスポットとバイデン訪問にどのように影響するのか?

中国は130万平方マイルに達する南シナ海のほぼすべての地域に対する領有権を主張しており、海岸線から遠く離れた複数のサンゴ礁と砂屑をミサイル、滑走路、武器システムで強化された人工島にした。

2016年、安倍は自らのアイデアをアップグレードし、「自由で開かれたインド・太平洋(FOIP)」コンセプトを導入しました。 」

FOIPの下で、東南アジアとアフリカ全土の同じ考えを持つ国と組織は、インド太平洋と毎年そこを通過する数兆ドルの商品を保護します。

民主主義の守護財団のインド・太平洋戦略家のクレオ・パスカルは、国が最初はFOIPに追いつくのに遅かったと述べた。 彼女は「多くの人が海が開かれ、人々が自由だと思っていたので、FOIPが問題だとは思わなかった」と語った。 「しかし、今私たちは、自由で開放的なこの2つが本当に脅かされていることに気づいています。」

この地域では、中国の拡大は、岸田首相とバイデン元副大統領の両者間の後、火曜日に東京で開催される4回目の首脳会議で主な議論のポイントになると予想されます。

ジョーバイデン米大統領が2022年5月19日、韓国と日本を訪問するためにエアフォースワンに搭乗しながら手振りをしている。

より強力な米国安全保障協定を結ぶ

民主的同盟国を統合するための日本の努力は、米国が2017年にFOIPを採用したときに実を結び、新しいリソース、プログラム、パートナーシップとともに概念にさらなる影響力を与えました。

しかし、今やアナリストは、米国が日本がこの地域でより強力なリーダーシップの役割を果たすことを期待しており、日本は防衛を強化する必要があることを知っていると述べています。

国家安全保障の専門家であり、慶應義塾大学の教授であるケン・ジンボ(Ken Jimbo)は、「日本は米国だけに依存すれば、両国間の政治的信頼を実際に維持できないことを認識している」と述べた。

昨年12月、岸田首相は日本政府が敵基地を攻撃する能力を日本に提供するための案を模索していると発表した。 以後、日本与党内部では米国と共助して「反撃能力」を育てなければならないという声が強まった。 この措置は日本の平和憲法の限界を拡大するが、移動式および潜水艦発射攻撃に対する日本の報復能力を拡張するだろう。

「日本は、戦いで自分で立ち上がることを願っています。日本には、危険にさらすこともそうでないかもしれない決定を下すために、外部の勢力に頼ることを望まない人口が非常に多いです。その主権」とPaskalは言った。

しかし、日本の平和主義的立場から抜け出そうとする動きに対する国内抵抗がある。

テンプル大学の国際関係専門家であるジェームズ・ブラウン(James Brown)は「大衆世論は依然として日本を他の国を攻撃する能力があってはならない平和主義国家と見ている」と述べた。

「それで、その懸念により、政府はこれについてよりゆっくり動くようになりました。」

しかし、ウクライナの戦争は態度を変えているようです。 朝日新聞と東京大学が最近行った世論調査によると、3000人の回答者の64%が日本が防御力を強化することに賛成すると答えた。 これは2003年のアンケート調査が始まって以来、最も高い割合だった。

中国の影響力管理

ウクライナでのロシアの行動に対する中国の支援は、インド太平洋の整合性を保護するためのキシダの使命を強化しました。 彼は、アメリカとヨーロッパのより大きな同盟国に手を差し伸べているだけでなく、日本が不確実な時期に頼ることができるパートナーであることを明らかにするために、より近い外交に参加しています。

去る3月、日本代表団は中国とホニアラが安保協定に署名した後、ソロモン諸島を訪問しました。 インド太平洋アナリストのPaskal氏は、今回の外交訪問を通じて、日本が自らを代替安全保障プロバイダーとして位置づけることに興味があることが分かると述べた。

オーストラリア戦略研究所(Australian Strategic)のトーマス・ウィルキンス(Thomas Wilkins)の上級研究者は、「日本は、現地労働力を利用し、高品質の統制を提供し、参加国に持続不可能な負債負担を与えない独自の高品質インフラプロジェクトを披露することで、中国に対する代案を提示したい」と話した。 政策研究所。

東京の努力は北京で目立たなかった。

王毅中国外交部長は水曜日、日本外交部長と画像通話をしてバイデン全副大統領がアジアに到着する前から中国に対して日本と米国が一つだという認識が「すでに蔓延している」とし「悪い雰囲気」を造ったと言った。 中国外交部の声明によると

ロシアのウクライナ侵攻に対する日本の断固たる対応は、自国の民主的絆を強化する国を象徴することです。

Quad会員は、火曜日に東京で会うとき、「自由と繁栄の円弧」という日本の元のビジョンに合った統一戦線を提示しようとします。

Paskalは、この点で、この地域で日本のリーダーシップが「尊敬され感謝している」と述べました。

彼女は「やるべきことがたくさん残っているが、多くの日本の視聴者が5年前だけでも予想できなかった方法で動いている」と話した。

READ  日本の海底火山から石が洗い流された - ビデオ| 世界ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close