トップニュース

日本は中絶薬を承認していますが、パートナーの同意が必要です。 日本

日本の女性は、中絶薬を処方する前にパートナーの同意を求める必要があるかもしれません。 中絶薬は、英国の女性に発売されてから30年後の今年末に承認される予定です。

日本の1948年母性保護法によれば、運動家たちは女性の再生権を踏むと主張する政策(非常に少数の例外を除く)にすでに同意が必要です。

橋本康弘(Yasuhiro Hashimoto)保健省の上級管理者は今月初め、議会委員会で「経口薬物で中絶をする場合でも原則として配偶者の同意が必要だと思う」と述べた。

運動家は、医師が中絶薬を処方する前に、女性がパートナーから書面で同意を得なければならないという規定を破棄することを保健当局に促しています。

日本の安全な中絶のための行動のための行動(Action for Safe Abortion Japan)の創立メンバーである塚原久美は次のように語りました。

「女性に望まない妊娠を強要するのは暴力であり,一種の拷問です」。

政策は悲劇的な結果につながる可能性があります。 昨年21歳の女性は、日本中部の公園で生まれたばかりの赤ちゃんの遺体が発見され逮捕された。 執行猶予を宣告された女性は、裁判所でパートナーから書面で同意を得られず、妊娠を終わらせることができないと話した。

保健省は後で彼女が父親と連絡を取ることができず、同意が必要ない数少ない事例の一つだと述べたが、医師は彼女が同意を得なければならないと主張した。

日本のマスコミはまた、医師が性的暴行を受けた女性に対する中絶を承認することを拒否し、保健省の管理が日本の医師会に書面でレイプ事件に同意する必要がないことを明確にするよう強制した事例を報道しました。

運動家たちは、日本が他の70カ国以上で長く使用できた薬物を承認できなかったことは、男性が支配する日本の議会と医療界が女性の健康に対して低い優先順位を与えていることを反映していると述べています。

Tsukaharaによると、日本は1999年に経口避妊薬を承認するのに40年かかりましたが、勃起不全治療薬であるViagraを承認するには6ヶ月しかかかりませんでした。

読売新聞は昨年12月、英国製薬会社ラインパーマインターナショナルが2つの薬物の複合剤に対して妊娠中絶に対する承認を申請したと伝えた。

2020年に145,000件の中絶手術が施行された日本は、世界保健機関(WHO)と国連女性差別撤廃委員会の要求にもかかわらず、中絶について第三者の同意が必要な唯一の11カ国の一つです。

静岡大学人文社会科学部教授白井千秋は「中絶には配偶者の同意は必要なく、母性保護法からこれを削除しなければならない」と話した。

安全な中絶のための運動家たちは、国民健康保険が適用されない中絶薬の多い女性たちに非常に高価であると警告しました。

日本のメディア報道によると、1回の接種費用は約100,000円(780ドル)で中絶手術に似ており、これを服用する女性は入院を含め、厳格な医療監督の下で行う必要があるという。

白井は「一部女性の場合、経済的な理由で中絶ができないのが現実」と話した。 「避妊、中絶、妊娠、出産はすべて公的資金で支援されなければなりません。」

野党の社民党の福島水戸議員は、高い手術費用と同意要件のため、女性が望ましくない妊娠をしなければならないと警告しました。

福島首相は今月議会で「女性は男性の所有物ではない」と話した。 「男の権利ではなく、彼らの権利は保護されなければなりません。 女性がパートナーの承認を受けなければならないのはなぜですか。 彼女の体だ」

この文書は、Linepharma Internationalの事後避妊薬としての2つの薬剤の組み合わせの以前の説明を修正するために修正されました。

READ  日本、温室効果ガスの削減目標を46%に上方修正

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close