経済

日本は事業を再開が国境はほとんど外国人に閉鎖されています – コロナウイルス(COVID-19)

日本: 日本は事業を再開が国境はほとんど外国人に閉鎖されています。

この記事を印刷するには、Mondaq.comに登録したり、ログインするだけです。

日本がコロナ19感染者が急激に減少し、国内事業の制限を撤廃している。 有力財界の日本経済再開要求にもかかわらず、日本はまだ、すべての外国人に対して閉鎖的であり、ビジネス目的の入国も原則的に中断される。 たとえば、日本政府が発行した日本入国事前認証(2021年10月1日現在)の370,000人以上の外国人がまだ入国することができません。 ビザ発給も非常に限られています。 ほとんどの先進国が国境を再び開き、新しい首相が就任した状況で、日本政府がコロナ19に低迷している国際的なビジネスを復活させるせろという圧力にどのように対応するか見守らなければならいます。 現在、入国時10日の間の隔離措置は、予防接種するかどうかに関係なく、すべての日本人およびその他の入国者に対して実施されています。

参照してください 最近の記事 詳細については、Nikkei Asia発行。

***

このトピックやファンデミクに関連する他のトピックの定期的な更新を受信するここに予約購読しCOVID-19「特別の関心」のメーリングリストに追加することができます。 このファンデミクに関連する他の法的質問がある場合、会社のCOVID-19のコア対応チーム([email protected])にお問い合わせください。

mayerbrown.comをご覧ください。

Mayer Brownは別の法人(「Mayer Brown Practices」)である法律慣行に構成されたグローバル法律サービスプロバイダです。 Mayer Brown Practices:Mayer Brown LLPとMayer Brown Europe – Brussels LLPは、両方の米国イリノイ州で設立された有限責任パートナーシップ; Mayer Brown International LLP、イングランドとウェールズで設立された有限責任パートナーシップ(Slicitors Regulation Authorityによって承認され、規制され、イングランドとウェールズ番号OC 303359に登録さ); フランス設立されたSELASあるMayer Brown; Mayer Brown JSM、香港のパートナーシップ、アジア関連機関; Mayer Brownに関するブラジルの法律のパートナーシップであるTauil&Checker Advogados。 「Mayer Brown」とMayer Brownロゴは、その管轄区域でMayer Brown Practicesの商標です。

©Copyright 2020.メイヤー・ブラウン慣行。 すべての権利を保有。

このMayer Brown記事は法律上の問題と関心の発展についての情報や意見を提供しています。 前述した内容は、扱うトピックの包括的な処理ではなく、法的助言を提供するためのものではありません。 読者は、ここに議論された問題に関連して、アクションを起こす前に、具体的な法的助言を求めてください。

日本のコロナウイルス(COVID-19)の人気記事

READ  Skyworks Filter Solutions Japanから配布されたEyelitのローコードEquipmentConnectとFactoryConnectソフトウェア

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close