経済

日本は今週、大阪と京都で緊急事態を注視し

日本政府は、ウイルスの事例の急増病院能力が縮小に応じて地域当局の電話に対応して一週間以内に、大阪地域の3つの県の緊急事態を宣言し始めました。

先週の土曜日、大阪・兵庫・京都府知事が要求された今回の措置は、最近の感染が急増する中で、2月7日まで、東京と近隣3県で先週、緊急勅令が下された後、仕上げされる予定である。 決定は、水曜日に予定されています。

菅義偉首相は、月曜日に、日本のコロナウイルス対応を担当する甲信長官との会談で3県への迅速な宣言が必要であることを認めた。

大阪地域は新年が始まった以来事例が増加した。 3つの県すべて過去7日間で10万人当たり少なくとも25件の事例を見て、日本の4段階発症の重要度レベルで最高のレベルです。

感染が増加している他のヒョンドゥルも中央政府の措置をとっています。 名古屋を含む愛知県は、早ければ火曜日に隣接岐阜県と緊急勅令を要請する計画だと大村秀章愛知知事は語った。

熊本県ギャバ島郁夫知事は県コロナウイルス委員会会議で「私たちは、非常宣言の要求を検討する時点である」と述べた。 九州の他の県と手を握る方向に議論が進行中、彼は言った。

政府は6つの指標をもとに、該当する地域が4段階あるかどうかを評価した後に決定を下す予定だ。 緊急宣言がある地域の地方当局は、レストランの営業時間短縮を要請するなどの措置を講じてください。

中央政府のいくつかは、発症が制御されている地域は、通常の経済活動を継続できるようにするべきだと主張しながら、別の全国的な緊急勅令を懸念しています。

緊急事態は、現在当局が食堂の時間を短縮し、遵守していないレストランの名前を知らせるなどの措置をとる法的根拠を提供しています。

政府は、協力している企業に毎月最大180万円(17,300ドル)のインセンティブを提供しています。 また、深刻な病気コロナウイルスの患者に新たに割り当てられたボトルの相当2千万円を病院に支給して、医療システムの負担を軽減することです。

READ  インドはAtmanirbhar Bharatポリシーを越えなければならし

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close