トップニュース

日本は伝染病の懸念で約2%下落し

シンガポール – 水曜日の午前の取引で、アジア太平洋地域の株式市場は、インドのような国ではコロナウイルスの事例が急増し、経済見通しや投資家心理に影響を及ぼしながら下落しました。

日本でNikkei 225は、初期の取引で1.69%下落した一方、Topix指数は1.71%下落しました。 韓国のコスピは0.7%下落した。

オーストラリア株式もS&P / ASX 200は0.59%下落し下落しました。 オーストラリアの3月の小売販売暫定値は、HK / SIN午前9時30分に予想されます。

日本以外のMSCIアジア太平洋株に対する最も広範な指数は0.33%下落しました。

オーストラリアカンタス航空の株価は1.8%下落し、日本の日本航空とANAホールディングスは、それぞれ0.89%と1.08%下落した。

損失は​​、その相手が一晩の間に週に急落した後に発生しました。 ユナイテッド航空の株価は5四半期連続で損失を報告した後、8%以上下落しました。 CEOのScott Kirbyは、海外と出張がいつ回復するかはまだ不明であると言いました。

インド市場は休日に水曜日にドアを閉じます。 この国のコロナウイルスの状況は、火曜日に、毎日259,170件の新しい感染が登録されても深刻です。 世界保健機関(WHO)は、世界のコロナウイルス感染率が史上最高水準に近づいていると警告しました。

ウォールストリートで一晩ダウジョーンズ工業株平均は256.33ポイント下落した33,821.30であったS&P 500は0.68%下落し4,134.94を記録した。 ナスダックコンポジットは0.92%下落し13,786.27を記録しました。

通貨と石油

READ  伝染病に日本での釣りとボートの人気増加

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close