トップニュース

日本は円の下落を遅らせるために介入してはならない

日本円は今年ドルに対して大幅に落ちた。 約15%の低下はユーロの2倍です。 市場は賑やかです。 日本は円の下落を防ぐために介入すべきか? 日本が介入するのか? 今は懐疑的です。

円は明らかな理由で下落しています。 日本が非常に緩和的な金融政策の基調を変えていない間、連盟は緊縮をしています。 円に対するドルの配置を好む利子格差が急激に拡大している。 日本は海外エネルギー依存度が高い しかし、アメリカは自給自足です。

図 1. 円とドルの金利格差が急激に広がっている

出典:フレッド

それにもかかわらず、円安の日本の大衆の叫び声があります。 エネルギー価格が急上昇するのが好きではなく、問題の根本的な原因ではないが、部分的には円安に焦点を当てています。 7月の参議院の選挙を控え、政府は大衆の懸念に非常に敏感です。

財務省は為替政策を担当し、日本銀行は独立した金融政策を担当しています。 2013年から日本銀行(BOJ)総裁を務めた黒田春彦(Yaruhiko Kuroda) BOJ(元財務部次官)は、10年満期債権金利を25bp以下に維持することを目標に、緩和的通貨政策と利回り曲線統制をしっかりとし、あります。

日本は長い間ほとんどデフレに陥り、インフレ目標値の2%に達しませんでした。 黒田は日本のインフレが2%に近づくことを歓迎することができますが、 BOJの影響力がほとんどない高エネルギー・食品コスト。 日本は賃金/物価上昇の兆候がほとんどありません。 黒田の任期が来年初め期限切れとなり、任期の特徴であるYCCを変える基準が高まった。

公務員が問題に直面したとき、本能は何かをすることです。 日本は一般的に円を下げるためのものですが、今のように早く下落することはほとんどありません。 一般に、懸念の枠組みは、円高ではなく円の過度のボラティリティです。 MoFは円安やボラティリティについて繰り返し懸念を表明し、BoJが合流しました。 非常に珍しい発言で

言葉は安いですが、この場合、黒田は署名することで、日本の金融政策に対する政治的熱気を避けるのを助けようとしたかもしれません。 Jawboningはしばらく注意を喚起する可能性がありますが、より意味のある措置が裏付けられていない限り、市場参加者を説得する可能性は低いです。

FX市場の介入(この場合は円を買ってドルを売ること)はより意味のある行動になるでしょう。 しかし、それは賢明で成功するでしょうか? 主な通貨市場(ドル、ユーロ、円)の場合、介入自体は、政策、特に通貨政策の根本的な変化を知らせるか、それと関連しない限り、一般的に効果的なツールとは見なされません。 金融当局は通常、レベル/ミスアライメントとボラティリティ/無秩序の面でFX介入の必要性を評価します。

米国と日本の通貨政策の違いにより、円が下落しているため、外国為替市場はファンダメンタルを広く反映していないと主張することは困難です。 それにもかかわらず、不一致を測定できる程度まで解決する方法は、根本的な政策変更を通すことです。

FX市場は無秩序な兆候を示していません。 円が低いのに対し、買収/売りスプレッドは合理的でFX事業は完了しています。

1990年代と2000年代初頭には日本の介入が日常的でした。 しかし日本の態度は変わった。 MOFは円の為替レートにはるかに少ない焦点を当て、福島災害後のG7コラボレーションの一環として2011年に最後に介入しました。

介入は他のイラクサの問題を引き起こすでしょう。 2011年の場合と同様に、G7は共同で運営しますか、それとも2000年のユーロと同じですか? とにかく、G7は合同作戦を起こすのをやめるでしょう。 彼らは円安が基本的に関連しており、MOFとBOJが一見相反することを知っています。 しかしG7が球団のためなら信用をかけることもできる。 複雑な市場の質問が提起されます。 これらの操作を維持しますか? どのくらいの火力をもたらしますか? そして彼らは政策変更を行うでしょうか?

しかし、日本が単独で介入すれば、市場参加者はG7がどこにあって、不在が隊列で意見衝突を意味するのか疑問を提起するだろう。 それは不安定性を悪化させる可能性があります。 正確には手術が避けようとするものです。

円安の逆転の場合、連盟の金利引き上げ軌跡に対する市場の評価が和らげば円を支えることができます。 しかし、米国のインフレ指標が非常に高く維持されている場合、それは今カードにありません。 同様に、 黒田の最近の発言 日本の金融政策を縮小したり、YCCから離脱したりすることはほとんどなく、しきい値を例えば25bpから35bpに上げます。

結局、日本が介入してはならない。 現時点では期待していない金融政策の変化なしには効果がないようです。 散発的な顎骨の形成が続くことがあります。 しかし、当局は何かをしているように見える必要があることに注意してください。

Mark SobelはOMFIFの米国議長です。

READ  NYダウ反発で始まるコロナウイルスの普及を期待で - 日本経済新聞

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close