トップニュース

日本は再びドアを開けたが、厳しいコロナウイルスルールで観光客を止める。

TOKYO – 日本が全面再開場に近づいており、近いうちに発表される予定です。 しかし、コロナウイルス感染症の間、国家の長期閉鎖は国際投資家、学者、観光客の目的地としての評判に継続的な損害を与えたと専門家は言います。

日本はコロナ19の懸念で外国人入国を厳しく制限しており、科学的に根拠のあるアプローチによって観光客に再開されたほとんどのアジア太平洋国家と上位経済国家の間で異例の国家となりました。

外国人嫌悪は 壊れた 政策立案者とニュース報道が外国人をウイルス拡散に結び付けたからです。 投資家、学者、留学生は計画を別の場所に回しました。 日本が最近団体観光を許可し始めた後も、厳格な監視と官僚的な障害物のために観光客の関心が大幅に低下した。

今、日本は世界に再び参加するための信頼性のギャップに直面しています。 財界、学界、政策決定、外交分野の人事は、閉鎖により、おもてなしを重視する文化としての日本のイメージが損なわれたと懸念しています。 日本が全面的に再開しても、位相を回復するためには具体的な措置が必要となると、この消息筋は言いました。

日本は旅行者のためのコロナウイルステストを軸にしていますが、観光を復活させるための闘争に直面しています。

「2022年にG-7諸国と近隣諸国との間の極端な状況は… この認識のギャップを本当に悪化させました。」 -日本の関係。 「イギリス、シンガポール、台湾、韓国など、はるかに普通のやり方で運営されている他の多くの国々がこれを見つけ、日本は今歩き歩きの段階を踏んでいます。」

Walkerは、孤立による認識問題に対する国家の明らかな関心の欠如に不満を感じた専門家の合唱団の1つです。 日本を外国人に開放したことでマーケティングしようとする強力な努力がなければ、海外の関心が不足して国内影響への懸念が続くと懸念しています。

アナリストらは、アシスタントによると、岸田文夫首相が7月の選挙前に全面的に再開することを政治的に困難にしたとアナリストらは、過去1年間、世論調査で国境閉鎖に対する広範な支持を示した。 6月末に実施された日経世論調査では、訪問者に対する日常上限の解除に対して49%が賛成し、44%が反対することがわかりました。

「日本が心だけ食べれば回復できると信じています。 しかし、私はそれがまだ完全にそこにあるとは確信していません。」とWalkerは言いました。

日本がファンデミック(世界的大流行)からのゆっくりとした回復と、最近のドルに対して24年ぶりに最低値を記録した円の弱さと相乗りしながら、こうした懸念が現れます。 ビジネスリーダーは、インバウンド旅行を完全に再開すると経済が活性化し、多くの観光客が弱気を利用することを熱望すると主張した。

しかし、日本企業経営者協会は、今週、日本のアプローチにより、日本が訪れるには「面倒で過度の努力が必要な」場所であると認識しています。

山岸市高和名古屋南山大学政治保健政策教授は「日本は日本を愛し、日本が好きになる可能性のある多くの人々を失望させた」と話した。 「国境を閉鎖することは、日本を訪れる計画があった多くの観光客を怒らせるだけでなく、少なくとも今後数年間は日本に対してより慎重になるでしょう。」

日本の必須旅行、旅行制限、コロナウイルスプロトコルを探索する方法

最も厳しい感染症制限措置を実施した後、日本は複雑な要件とともに、今春の一部の外国人に徐々に再開し始めました。 外国人観光客は承認された旅行代理店を介してのみ旅行を予約することができ、コロナ19に備えた医療旅行者保険に加入する必要があります。 先週まで、観光客はガイドが同行する必要があります。 訪問者は、他の人と6フィート離れていると言わない場合を除いて、マスクを着用する必要があります。

日本政府観光局(Japan National Tourism Organization)によると、団体観光が再開された6月には252人の観光客だけが入国した。 7月にはその数が約7,900人に増えた。

しかし、これはファンデミックの前のレベルから離れています。 2019年、日本は記録的な3,200万人の外国人観光客を迎え、2020年には4000万人に達することを目指しました。 ~によると 日本経済人連合会。

東京は現在、早ければ10月にできる全面再開場を検討しています。 日経アジアによると。 首相は声明を出し、「国内外の感染状況と需要、他国の国境管理措置を考慮して、G7基準に合うように国境を緩和する」と明らかにした。

アメリカ、ヨーロッパ、ヨーロッパで何百人もの学者と日本の研究学生を対象にアンケートを行ったバージニア州ウィリアム&メアリーの日本の研究副教授であるTooyuki Sasaki氏は、閉鎖により学界に数年間続く連鎖的な影響を与えたと述べた。 アジア。

日本の研究プログラムを中途放棄した学生や研究者たちは、日本で研究を行うための補助金の要件を満たさず、資金を喪失して一部の学校の日本研究部門の閉鎖を脅かすことで調査結果が現れます。 一流大学の教授は、旅行の障壁のために学生に唯一の焦点で日本を勉強しないように勧めているとアンケートで答えた。

日本の文部科学省によると、日本で勉強する留学生数は、2019年から2021年の間に約4分の1減少しました。

「前任者がこの分野を構築するのに長い時間がかかりました。 しかし、今は日本政府の非常に厳しい国境制限のために本当に崩れています」と佐々木氏は語った。

日本のトムクルーズ? 大丈夫です。 日本の一般観光客? 大丈夫です。

ビジネスリーダー 押している 完全な再開のために、 警告 潜在的な投資損失。

日本の米国商工会議所(American Chamber of Commerce)会長のChris LaFleurは、「日本は、日本政府が過去20年間に目標としてきた外国人投資を日本に拡大する絶好の機会を持っています。 「原則として、現在の円の相対的な弱さは、日本の投資に興味を持っている人々が真剣に考える素晴らしい機会を提供します。」

しかし、国内問題が障害物だ。 山口氏は、国境政策に対する政府の正当化が公衆の不安を煽り、空港で陽性に見える人の割合が低いという事実を提供せずに恐怖を助長したと述べた。

レストランから 博物館オペレーター多くの人々は、外国人がマスク着用と社会的距離を置くことに対する日本の社会的期待を無視して、コロナウイルスの事例が増加することを恐れています。

東京港区のある住民は最近、区役所オンライン公開コメントに「外国ニュースでマスクを着用していない外国人の姿をよく見ることができる」と話した。

関係者は「外国人観光客をどう扱わなければ英語、中国語、韓国語など多様な言語で関心を呼び起こすか悩んでいただきたい」と話した。 「港区民の命の安全も守ってほしい」

READ  アメリカと日本、パリ2024ゲーム、ISA World Surfing Gamesの最初のクォータの座を占める - NECN

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close