理科

日本は再生エネルギー、選挙を控えて把握しにくい原子力の役割に注目

日本は、純排出ゼロを達成するために再生エネルギーへの依存度を高めることを目指していますが、日曜日の総選挙を約1週間控え、内閣が承認した政府のエネルギー計画でも、このために遂行する原子力の役割は曖昧だったようです。 。

この計画では、2050年までにカーボンニュートラルを達成し、2030年度に温室効果ガス排出量を2013年度から46%削減する方法を概説します。 これは、以前の削減目標である26%で野心的に飛躍したものです。

岸田文夫 日本首相(中央)が2021年10月17日、2011年3月、地震-津波被害地域を訪問しながら障害を被った日本北東部の福島第1原子力発電所を訪問。 (水泳場の写真) (刑務所) ==刑務所

政府は2030年度に再生エネルギーが日本総発電容量の36~38%を占めるようにすることを目標としている。 、76%から減少しました。

しかし原発比重は2018年に発表された終戦計画で20~22%に変わることはない。

2030年以降、多くの原子力発電所の現状は、施設の40年の運用限度およびその他の規制障害物を考慮すると不明であり、2050年以降も原子力を継続的に使用すべきかどうかについての一般的な合意もなかった。

再生可能エネルギー会社のafterFIT Co.のYudai Maedaは、2011年の福島原発事故以来、数年間、原子力問題に対する人々の感情的反応がやや沈んでおり、有権者の関心がコロナウイルスファンデミックにつながったと述べた。

2021年10月19日、AfterFIT Co.の役員であるYudai Maedaが東京でインタビューを行っています。 (刑務所)

前田首相は「選挙の主な争点はコロナ19ファンデミック以後経済をどのように回復させるかと同じだ」と話した。

最近、刑務所通信が実施した世論調査では、36.7%が経済政策によって総選挙で誰を選ぶかを決定すると明らかにし、16.1%はコロナ19対策が最も重要だと答えた。

横浜土仁大学の生物医工学教授であり、薄くて柔軟な太陽電池の先駆的な研究員である宮坂坪も、9月の選挙では、気候変動がドイツの有権者の主な問題の1つだったように、エネルギーと環境問題が注目されなければならないと思います。 。

2021年10月27日、横浜土仁大学医療工学部教授の宮坂涼が横浜でインタビューでペロブスカイト太陽光モジュールを持っている。 (刑務所)

今週発表された国連環境プログラムの報告書は、さまざまな気候の約束と緩和策にもかかわらず、地球の平均気温が世紀末までに2.7度上昇する可能性があると警告しました。

これは、工業化以前のレベルで、今世紀の地球温暖化を1.5度以下に維持するというパリ協定の熱望的な目標をはるかに超えています。

国際機関はまた、世界が潜在的な災害を避けるという目標を達成できるかどうかは、今後8年間で年間温室効果ガス排出量を半分に減らすという人類の努力にかかっていると述べた。

日本と欧州連合(EU)を含む49カ国が宣言した純ゼロ約束は、これらの約束が堅固で、2030年の約束が純ゼロ約束と一致すれば、さらに0.5Cを減らすことができます。

国連環境計画(UNEP)事務総長のインガー・アンデルセン(Inger Andersen)は、COP26として知られる今後の国連気候変動会議を控え、「気候変動はもはや未来の問題ではない。今の問題」と話した。 「時計が騒々しく割れている」

2030年の排出量削減目標を達成するためには、原子力発電所が必要だとMaedaは述べた。 しかし日本の政党は炭素中立に向けた日本の方向に同意するが、原子力発電所をどうするかについては同意できない。

岸田文夫首相は、自民党が安定的かつ合理的な価格で電力を供給するために適切な安全措置がある場合、稼働しない原子力発電所を再稼働すると述べた。

これに反して第1野党である立憲民主党は、早急な日以内に原発を放棄して新規原発建設を許可しないと公言している。

小規模野党の民衆民主党は、安全規則を通過した原子力発電所を再稼働すると明らかにしたが、新規建設は許可しなかった。

大規模な地震と津波で触発された福島県の原発危機以来、日本のほとんどの原子力発電所は、より厳しい安全規定により稼働中断状態を維持しています。

元外務省管理の前田(Maeda)は「現実的に(日本)は2030年目標を達成するために原子力と太陽光発電に大きく依存するしかないと思う」と述べた。

原発は、事故時に莫大な資金が必要であり、再生可能エネルギーコストが下落するという点を考慮すると、長期的な電源供給にはならないと強調した。

長期的には、エネルギー専門家は海上風力発電に対する高い期待を持っています。

彼は「再生可能エネルギーで大量の電力を生産するには膨大なスペースが必要だ。日本は世界6位の排他的経済水域を持つ海洋国家であるため、海上風力が必要だ」とし、浮遊式タービンが鍵を握ることになると付け加えた。 。

東京大学先端科学技術研究センターフェローでもある宮坂が生産した太陽電池は、耐久性問題を克服し、商用化すれば再生エネルギーの空間問題の改善に寄与すると期待される。

宮坂のペロブスカイトソーラーモジュールは、薄くて柔軟で軽量ながらシリコンソーラーに比べて高電圧を発生させることができ、その特性により、荷重の少ない屋根、窓、車体などの非伝統的な場所に設置または適用できます。

近い将来、宮坂は人々がバルコニーの床や車体のような場所でペロブスカイト太陽光モジュールで電力を生産し、バッテリーに保存してから夜に使用できると信じています。

宮坂は、そのような社会を構築する過程で、災害に脆弱な日本が他の多くの国よりも高いリスクに直面しているため、近いうちに原子力への依存度を減らすことができると述べました。

彼は「原発なく生きる方法を真剣に悩むべき時」と話した。


関連範囲:

日本の有権者は選挙運動が始まり、変化への希望を表明した。

焦点:野党は自民党の執権を破るために団結

福井原子力発電所は、対テロ対策の時期を逃した後に中断されました。


READ  初めての研究者たちは、植物がどのように水を吸い取るかを観察しました

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close