トップニュース

日本は再生可能エネルギーを高めるために、地域間の電力網を二倍に増やすことを検討します

2007年11月8日、東京の北にある郡山のElectric Power Development Co.、Ltdの布引高原風力発電所から100メートルの高さ(328フィートの高さ)の風力タービンの近くで農民が働いています。 REUTERS / Toru Hanai(JAPAN)

日本は海上風力発電団地のような再生可能エネルギーの拡大を加速するために、現在、約24ギガワットの地域間の電力網の容量を二倍に増やすことを検討している産業省の関係者が金曜日た。

日本が2050年までにカーボンニュートラルになるという目標を達成することができるようにクリーンエネルギーを拡大しようとする日本が推進しており、電力網が弱く、日本の再生可能エネルギーの成長の足かせになっています。

産業省と送電事業者協定機構(OCCTO)は、電力需要が高い北海道北部の島と本州本島を結ぶ海底ケーブルの構築計画を検討している関係者は語った。

他の潜在的な計画には、北部東北地域と本州の東京首都圏との間の伝送有線回線の強化と南の島である九州と本州の間のグリッドの強化が含まれると述べた。

Nikkeiビジネスは木曜日産業省とOCCTOが地域間の電力網の容量を倍増増やすための計画案を作成したと木曜日報道しました。

国防部の関係者は、「我々はまだ、これらの計画を検討しており、まだ確定されたことはない」とし、中間報告書が5月に作成されるものであり、実際の計画は来年会計年度に完成するもので2023年以降に工事が開始されると付け加えた。 と述べた。

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  中国、日本の水放出計画を批判

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close