日本は労働者がインフレを破る賃金の引き上げを望んでいます。

Estimated read time 1 min read


東京
CNN

日本はインフレが急上昇しているにもかかわらず、記録的な給与の下落と密接に取り組んでいます。

世界3位の経済大国である中国は、金曜日の指導者が企業にインフレより高い水準で労働者賃金を引き上げるよう要請してから1日で8年余りで最悪の実質賃金下落を報告しました。

厚生労働省が発表した資料によると、日本は11月のインフレ調整賃金が前年比3.8%下落したことが分かった。 これは消費税引き上げで4.1%下落した2014年5月以来最大の落幅だ。

最近の下落幅は、岸田文夫日本首相が賃金引き上げが物価引き上げに遅れると、経済がスタッグフレージングに陥る危険があると警告し、雇用主に職員の印象を加速するよう促した中で出てきたのです。 スタッグフレーションは、人々の購買力を弱める高インフレと停滞した経済成長期間を説明します。

「経済好循環の核心は賃金上昇にあり、必ず実現しなければなりません。 企業は利益を生み出し、労働者に適切に分配する必要があります。」 「消費が増加し、企業投資が増加し、経済成長をさらに促進します。」

賃金を年間3%以上引き上げることが岸田政権の核心目標です。 首相、誰 就任 2021年末、過去30年間で企業の利益が急増しましたが、給与はその成長に追いつかなかったと述べました。

レンゴまたは日本の労働組合連盟として知られる日本最大の労働組織は、今年、数社の経営陣との会談で現在5%の賃金引き上げを要求しているとキシダは付け加えた。

日本の賃金は概して過去10年間で同じ水準を維持してきた。 最新データ 経済協力開発機構(OECD)が発行した一方、OECDデータによると、同じ期間に多くの異なる国の平均賃金が上昇しました。

原材料価格の上昇と円安の影響により、企業は日本で数十年ぶりに最速で買い物客に高いコストを転換している。

11月の新鮮食品を除いた源消費者物価指数は前年同期比3.7%上昇した。 大和研究所の12月の報告書によると、これは1981年12月以来最も高い増加率だ。

READ  Carolinaは、企業の教育と革新を日本の大学と共有しています。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours